TBS『どうぶつ奇想天外』で星野道夫さんがヒグマに食い殺された最悪の事件・・・その一部始終が衝撃的だった。

higuma
higuma

動物写真家として有名な星野道夫氏(当時43歳)が、ロシア・カムチャッカ半島のクリル湖畔。
グラシー・ケープを訪れたのは1996年7月25日のことであった。
TBSの人気動物番組『どうぶつ奇想天外』の撮影をするために訪れたのである。
この日、起きた衝撃事件をご存じだろうか・・・・。

普段、何気なく見ていたバラエティ番組に突如発生した事故。家族でも安心して見れるその内容からは、あまりにも似つかわしくない「死亡」の二文字に、世間は驚きました。同時にそのニュースは、いつも安全圏でテレビを観ている私たちに、現場で制作者の身に起こっているリアルを痛感させる事件でもありした。そんなに命懸けで撮影していたのか……と。

事件の発端となった番組は『どうぶつ奇想天外!』。1993年から2009年の長きに渡ってTBSにて放送されていた、動物をテーマにしたクイズ番組です。2001年9月には番組最高視聴率となる19.6%をマークするなど、子供からお年寄りまで幅広い層に人気を博しました。
そんな『どうぶつ奇想天外!』が放送を開始して4年目のこと。1996年に事件は起こりました。同番組の取材目的でロシアを訪れていた、写真家の星野道夫がヒグマに襲われて死亡してしまったのです。

ヒグマ撮影のプロに一体何が?

もともとこの写真家は、アラスカでグリズリーの写真を幾度も撮影してきた実績のある、いわばその道のプロフェッショナル。当然、熊の習性などは熟知していたはずなのになぜ、このような悲劇が起こってしまったのでしょうか? 事件の一部始終はこうです。


スポンサードリンク

higuma