舛添要一が週刊文春最新号で400万のネコババ発覚!「ねずみ男がネコババか」「横領で逮捕だろ」再炎上!

舛添要一

週刊文春最新号スキャンダル報道の内容がやばいと話題に。

2chでは「ねずみ男がネコババか」「横領で逮捕だろ」と盛り上がっているようです。。。





舛添要一都知事(67)に、また新たな疑惑が浮上した。舛添氏がかつて党代表を務めていた新党改革関係者が“告発”する。

「2014年の都知事選の期間中、舛添氏は新党改革から約400万円の政党交付金を“ネコババ”しています。新党改革を離党し、無所属で出馬したにもかかわらず、新党改革支部から自身の資金管理団体に政党交付金を移動させているのです」




 この証言をもとに小誌特別取材班が取材を進めると、政治資金収支報告書の記載により、告発内容が事実であることが裏付けられた。

 まず、立候補直前の2014年1月3日と22日の2日に分けて、「新党改革」から舛添氏が代表を務める政治団体「新党改革比例区第四支部」に計600万円が寄附されている。そして告示後の1月28日、31日には、同支部から舛添氏自身の資金管理団体である「グローバルネットワーク研究会」(以下、グ研)に2日に分けて、約526万円が寄附として移動している。このうち429万円が政党交付金、つまり血税であることが、「政党交付金使途等報告書」により明らかになった(その後、「グ研」が14年7月に解散すると、「グ研」の資金約5000万円は舛添氏の現在の資金管理団体「泰山会」へと引き継がれている)。





騒動の要点をまとめると


都知事選中に政党交付金を自分の資金管理団体に舛添「汚れた都知事選」 四百万円ネコババ疑惑

・日光温泉旅館「プライベートで宿泊8万円」も政治資金
・自宅兼事務所 家賃毎月44万円・総額3500万円以上が懐に
・国会議員パスがあるのに新幹線チケット二重取り
・元会計責任者「舛添家の家計簿もつけさせられていた」
・個人事務所社長の妻は聖心卒で舛添氏の“追っかけ”

本当に逮捕される日も近いのかもしれませんね。