【ジャニーズタブー】 吉田羊と7連泊のHey! Say! JUMP中島裕翔が痴漢行為で警察沙汰に! しかし芸能マスコミは沈黙。

痴漢
痴漢

ついに…週刊文春が禁断のジャニーズにメス!!

しかし弱い事務所のタレントが起こした不倫はまるで犯罪行為のように叩かれましたが…
事務所タブーのタレントが起こした警察沙汰はスルーする芸能マスコミの歪んだ構造が浮き彫りになりました!!

先月、20歳近く年上である吉田羊との「7連泊」熱愛報道でマスコミを賑わせたHey! Say! JUMPの中島裕翔が、今度は泥酔して痴漢行為をはたらき警察沙汰になるという騒動を起こしたと、昨日発売された「週刊文春」(文藝春秋)5月26日号が報じた。

 中島といえば、ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長が目下イチオシのグループHey! Say! JUMPのメンバーで、7月からはフジテレビのゴールデン帯連ドラで初の単独主演も決まるなど、グループとしても個人としても現在ジャニーズ事務所から猛プッシュされている。

そんな売り出し中のアイドルが痴漢騒動を起こしたとは、いったいどういうことなのか。

「文春」によると、「路上で男性に抱きつかれるなどした」と30代の女性会社員から110番通報があり警察が駆けつけたところ、現場にいたのは泥酔状態の中島だった。中島は通報した女性の上半身を触るなどした疑いで任意の事情聴取を受けたという。犯行を裏付ける証拠が見つかっておらず、女性から被害届が出ていないため、「事件化する可能性はほぼない」ということだった。

 しかしこの件に関して、ジャニーズ事務所も「文春」の取材に対して「泥酔下とはいえ、このような事態になりました点について、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。本人も深く反省しております」と回答しており、事務所側も痴漢行為で警察沙汰になったことは事実だと認めている。

 被害届が出されなかったため事件化していないとはいえ、酔っぱらって見知らぬ女性に抱きつくとは立派な痴漢行為だが、それにも関わらず、これを報じたのは今年に入ってスクープラッシュを続けている「文春」のみ。スポーツ紙もワイドショーも後追い報道するメディアはまったくない。「文春」のスクープラッシュの発端ともいえるベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫騒動などはワイドショーがこぞって後追い報道をしていたが、今回の中島の痴漢騒動に関しては、どのワイドショーでも1秒たりとも取り上げることはなかったのだ。


スポンサードリンク

痴漢