ライブ配信アプリで自殺を配信・・・電車に飛び込み自殺を図ったり、首つり自殺を配信する人たち。

egly-j
egly-j
画像:http://www.nytimes.com/2016/05/12/world/europe/periscope-suicide-france.html?_r=0

リアルタイム配信・ライブ中継をスマートフォン1台でできるサービスが「Periscope」で、Twitterが買収した後にアプリをリリースして、瞬く間に世界中で人気を集めています。そのPeriscopeでリアルタイム配信していた女性が、配信中に走行する電車に飛び込んで自殺するという事件がフランスで発生しました。

2016年5月10日の16時49分頃、19歳のオセアンというフランス人女性が、パリから約40km南にあるエグリという駅で走行する電車に飛び込んで自殺しました。事件発生当時、オセアンさんはPeriscopeを使って生配信を行っており、「バズりたいからムービーを配信しているのではありません。人々に反応して欲しいし、受け入れて欲しい」と発言したとのこと。オセアンさんのただならぬ雰囲気に気づいたフォロワーが「もしかして自殺しようとしているのか」と聞いたところ、オセアンさんは「いいえ、自殺しようとはしていません。ただ、私を幸せにするものは何もない。朝に目覚めたいと思うこともない」と意味深な返事をしています。

GIGAZIN – Twitterのライブ配信アプリで配信主が生放送中に飛び込み自殺をする事件が発生

過去にもあった様々な「生配信」

レイプの現場が生配信されたり、生配信中に火事になってしまったり、ライブストリーミングサービスを使った事件は後を絶たず何らかの対応が求められていますが、Hussonさんの言うとおり配信者や視聴者がリアルタイムにコミュニケーションしていると、何が起こるかは全く予測不可能であるのも事実です。

GIGAZIN – Twitterのライブ配信アプリで配信主が生放送中に飛び込み自殺をする事件が発生

台湾の女性タレント・柔宝宝が自殺未遂を生配信して話題になった。柔宝宝は動画配信アプリ「17直播」で生配信中、泣きながら自殺すると宣言。21錠の睡眠薬を飲み、リストカットしようとした。視聴していたファンから励ましの声が殺到したが、彼女はやがて意識を失った。しかし、「17直播」の運営会社からの通報を受けた消防隊が彼女の家に急行すると、知人から知らせを受けた彼女の親戚が一足早く駆けつけていた為、幸いにも自殺は未遂に終わったと「日刊サイゾー」が報じた。

もちろん日本でも


スポンサードリンク

egly-j