元博物学者マーリン家の地下から発見された『異形生物の標本』の数々が話題。マーリン幻獣博物館コレクション?

元博物学者マーリン家の地下から発見された『異形生物の標本』の数々が話題。マーリン幻獣博物館コレクション?
元博物学者マーリン家の地下から発見された『異形生物の標本』の数々が話題。マーリン幻獣博物館コレクション?

イギリス、ロンドンで1960年代に古くなった孤児院を建て替えようとしたところ、地下から数千の木箱が発見。
その中には、なんと異形の生物たちの骨格標本やミイラ、解剖器具や手描きの資料が収められていた。

この孤児院はもともとトーマス・テオドール・マーリンという博物学者、生物学者であり、考古学者所有のもので、
これらは全て、彼の研究実験に使用されていたという。。。

羽を持つ小さなヒトガタのミイラや幻獣など、地球内生命体とは思えない造形をしたものばかり。
地下深くでひそかに幻獣を生み出そうとしていた確かな証拠ではないだろうか。。
そして、これらの品々はマーリン幻獣博物館にコレクションされているという。

。。。という話で大きな話題となった1枚の画像。

しかし、この話は全て『嘘』だったのです。


スポンサードリンク

元博物学者マーリン家の地下から発見された『異形生物の標本』の数々が話題。マーリン幻獣博物館コレクション?