マタニティーマークを付けるのが「こわい」酷過ぎる妊婦への対応「座りたいなら土下座しろ」

mata-j
mata-j

信じられない事の連続。思わず驚きと怒りを堪えられない実態でした。あなたも、あなたの大切な人も全てお母さんが大切にお腹の中で育て、皆妊婦さんのお腹から出てきたのです。それなのに出た後は「妊娠している女性」と「傍観者」になるのでしょうか・・・すごくおめでたく幸せな事なのに。こんな日本社会、なぜこうなってしまったのか・・・。

「マタニティマーク」

9年前、私が妊婦になった頃は、まだ知らない人の方が多かったマタニティマーク。その後、認知度が上がり、電車内で席を譲ってくれることもあると聞いていたのだが、最近その状況は大きく変わっている。
認知度が高まったが故に、妊婦さんたちは「妊婦だと知られることが怖くて、安易には付けられない」というのだ。

優先席譲られない

「1人目妊娠中には付けてましたが、2人目の時は隠したりしてました。1人目の時、優先席で立っていたら、座ってる元気そうなアラフィフくらいのご夫婦に『絶対譲らないからな、何様のつもりだ!』とブツブツ言われ続けたので…。」

「そんなことがあったので、2人目の時は、優先席付近にはあまり行かなかったかもしれません。座ってる方も、優先席だと譲らなきゃならないと思う人が多いけど、普通席なら譲らなくてもいいと思いそうなので、その方が気が楽でした。譲ってもらえた時も、なんだか申し訳ない気持ちがあって、ひたすら目をつむって寝てました。また何か言われそうで。」

え?なんで妊婦さんが申訳ならなくちゃいけないの?

つけないように指導する病院まで

「私が通っていた病院では、マタニティマークは付けないようにと指導されました。自治体からの配布はありましたが、トラブルが多いということもあって、『すぐに出せるようにしておいて、ものすごく具合が悪くなったときのみ出すように』という指導でした。私自身も、妊娠中に電車内で60代位の女性達に『妊婦だからって甘えて座るな!』と怒られたり、酔っ払った会社員から、代わってと頼みもしないのに「妊婦だろ、座りたいなら土下座しろ」と言われたりしました。座っていたのは優先席ではなくて、普通席なのですが…。トラブルに巻き込まれたくないので、すぐに立って次の駅で降りましたが、こうなると電車に乗れなくなります。」

ひどい・・・ひどすぎる・・・有り得ないだろこれ。訴えれるよ。

だから少子高齢化が進むんだ

スポンサードリンク

mata-j