ビートたけしが母親の葬式で号泣。 芸人で売れた途端、会う度にお金を催促し続けてきた因業ばばぁ。晩年近くに知った母親の愛とは!?

ビートたけしが母親の葬式で号泣。 芸人で売れた途端、会う度にお金を催促し続けてきた因業ばばぁ。晩年近くに知った母親の愛とは!?
ビートたけしが母親の葬式で号泣。 芸人で売れた途端、会う度にお金を催促し続けてきた因業ばばぁ。晩年近くに知った母親の愛とは!?

1999年。ビートたけしの母親である北野さきさんが亡くなりました。

その葬儀の場には、人目をはばかること無く号泣する男の姿がありました…

「世界の北野」ことビートたけしさんと母・さきさん。
2人の深い愛の絆エピソードのご紹介です。

「病院代をくれ」
「今までお前を育てた費用だから」
「水道の修理代をくれ」

たけしさんが芸人で売れるようになった途端、母が会いに来るたび20万円、30万円とお金を要求していました。

教育熱心で優しかった頃の母…すっかり変わりはてた姿に、たけしさんも「因業ばばぁめ!」と悪態をつくこともあったそうです。。。

そんなお母さんが、お金をたけしさんに乞うようになったのは、ある理由があったのです。

子供の頃には「飯に金をかけるよりも参考書を買う」と言って、教育費のために生活費を削ることもあった。


スポンサードリンク

ビートたけしが母親の葬式で号泣。 芸人で売れた途端、会う度にお金を催促し続けてきた因業ばばぁ。晩年近くに知った母親の愛とは!?