差別が当たり前、頼み方で値段が上下するフランスのカフェとは・・・?

cafe-j
cafe-j

フランスで差別・・・と聞くと真っ先にこのニュースを思い出す。

GACKTは1人で朝食を取ろうとホテル内のビュッフェに入った。他に誰も客はおらず、入口近くの眺めのいい席に腰を下ろすと、店員に奥の席へ行くよう告げられた。仕方なく席を移ると、後から来た白人客が、GACKTがさっきまで座っていた席に着いたが、店員は何も言わなかった。やがてアジア人客がまた入り口近くの席に座ろうとしてGACKTの近くの席を指示され、次に中国人の団体客がやはり同じ目に遭った。奥の席はアジア系の客で埋まり、さらに入って来たアジア人は白人客の近くが空いているにもかかわらず入店を断られた。

結構ハワイでも多い話。海外だとテラス席が一番人気の高い場所とされている。
だが日本人はどの席に通されても何も言わないので空いているにも関わらず、外の席は無いとか適当にあしらわれてしまうらしい。
このケースは人種差別というより「日本人は主張しない」のでこちらの思い通りになると「なめられている」のである。

それとはまた今回違った「差別をするカフェ」の話。

お客様は神様か、同じ人間だろう

スポンサードリンク

cafe-j