Google、Facebook過激派の動画を自動的にブロックする機能を開発中YouTubeも?

goo-j
goo-j

インターネット上には日々数多くの動画がアップロード・公開されていて、動画の中にはテロ組織「イスラム国(IS)」のような過激派による動画も存在します。そんな過激派が公開した動画の拡散を防ぐため、GoogleとFacebookが危険な動画を自動的にブロックするシステムをこっそりと使用開始していることが関係者の話から明らかになっています。




外国人兵士希望者はネット動画を観て憧れる


戦闘シーンや訓練風景から、イケメンのムジャヒディンが傷を負った仲間の兵士を見舞うところなどまで、多種多様な宣伝ビデオを作っては、どんどんユーチューブにアップしている。画質もハイクオリティーで、下手なドキュメンタリー映画より巧みに作っている。若者へのアピール力は他のイスラム過激派を圧倒する。オレンジ色の服を外国人の捕虜に着せて処刑するあの映像も、ハリウッド映画「セブン」の一シーンに似せているとの説が強い。




現状にもやもやしている若者が刺激を求めにこういった動画を見る、過激派に参加するのを夢見る、なんてのも現実であるそう。



インターネット上にアップロードされる動画の中には、過激派による暴力的な主張を映しているものもあり、動画サイトではそのような動画を根絶するために取り組んでいます。シリア、ベルギー、アメリカなど過激派が激増している国の政府は、動画サイトに対して「過激派の動画を削除するように」と圧力をかけています。そんな中、YouTubeとFacebookが、イスラム国などの過激派の動画をブロックして早急に公開停止するためのシステムをひそかに導入したことが、情報筋の話で判明しています。




これはテロ対策に大きな効果を齎すのではないか。
16歳以下の子供がポルノ映像を見た事がある、その6割はポップアップ広告だと言う。
これと同じく偶然過激派のコマーシャルを見てハマってしまう子を防ぐことができるのではないか。
goo-j