バングラテロ事件で邦人7人の死亡・・・イスラム教徒・ムスリムは怒っている「人殺しは禁じられた宗教」

bangra-j
bangra-j

バングラデシュのテロ人質事件で、日本に住むムスリム(イスラム教徒)らは、イスラム教の名を汚した武装集団に強い怒りを表した。

なぜ僕たちの肩身が狭くなってしまうのだろう

京都府八幡市でハラルレストランを経営するミンナトゥッラー弘美さん(50)は、夫がエジプト人の日本人ムスリム。「多くの日本人が犠牲となり言葉がない。ムスリムとしては、この事件でイスラムがテロや(過激派組織『イスラム国』の)ISと結びつけられ、肩身が狭くなることを心配している」と話した。

彼らはイスラムの名前を使った「過激派組織」である。言わば国内ではカルト教団である。
海外で日本のカルト教団が仏教の名前を使いテロを行って、あなたは仏教徒だからと差別、白い目で見られたらどうだろうか。
それと同じことである。

コーランが暗唱出来なければ殺害された

東京都渋谷区のモスク「東京ジャーミィ」の広報担当、下山茂さん(67)は「コーラン(イスラム教の聖典)は人殺しを禁じている。(中東情勢で)どれほど怒りがあったとしてもテロは絶対に間違っている」と厳しく批判した。一方で「ごくわずかなテロリストのせいで、99%以上の善良なイスラム教徒がテロリストのレッテルを貼られる」と心配した。武装集団は人質にコーランを暗唱させたとされ、トルコ人の男性会社員(46)は「間違った使い方だ。許せない」と声を震わせた。

<バングラテロ>イスラム教の名汚した…日本のムスリム怒り


スポンサードリンク

bangra-j