吉野家がアプリで「デジタルボトルキープ」開始!仮想でキープ出来るってえ、どういう事?

yoshi-j
yoshi-j

吉野家は7月20日、スマートフォンを活用した「デジタルボトルキープ」を全国540店で始めた。ビールや焼酎などの“仮想マイボトル”を購入し、店舗でお得に飲めるという「吉呑み」の新サービスだ。

同日リリースした公式アプリ「吉野家アプリ」かWebサイトから利用できる。ビールは通常3500円分(生ビール10杯分)を3000円で、焼酎は通常3000円分(10杯分)を2500円で購入でき、仮想の“マイボトル”としてキープ。ボトルの容量分を店舗で飲むことができる仕組みだ。

仮想マイボトルは対象店舗では共通して利用可能。残量をスマホ上で随時確認できる。ボトルキープの有効期限は6カ月。

街の声は?

スポンサードリンク

yoshi-j