過去に話題となった「アイスバケツチャレンジ」だったが成果を生み出していた「1億1千5百万ドルの寄付に研究が進み新薬まで開発!」

icebuket-j
icebuket-j

This is the world.

冷めた目で他人事だって見てなかった?

ALSをおさらい

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語:Amyotrophic lateral sclerosis、略称:ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。極めて進行が速く、半数ほどが発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡する(人工呼吸器の装着による延命は可能)。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。治療薬としては1999年から「リルゾール」がALS治療薬として日本では保険収載されている[1][2]。2015年6月、急性脳梗塞などの治療薬として使われてきたエダラボン(商品名:ラジカット)が「筋萎縮性側索硬化症における機能障害の進行抑制」として効能・効果の承認をうけた[3]。

認知度が上がり、寄付も募ったおかげでALS解決の糸口となる研究費用が賄われ、結果として新薬が開発、現在施行されている。

icebuket-j