この世に「二度」生まれた赤ちゃん!!母親の壮絶な戦いと命の物語

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93
誰もが人生で一回しか経験できない「生」と「死」

ein-baby-texas-mal-licht-welt-symbolbild_856502027_672x395_559672c0fa993f56018dc2d0f75d6cec


誰もが人生で一回しか経験できない「生」と「死」。

しかし、この赤ちゃんはお母さんから「二回」生まれました。
つまり、誕生日を二日持っているとても稀な赤ちゃんなのです。
それは、お母さんと赤ちゃんの、「生」に関わる壮絶な戦いの結果でした…。


0363b420


アメリカのテキサス州で、ある女の子はお母さんから「二回」誕生しました。
一回目の出産の時、赤ちゃんはまだ妊娠23週と5日。早すぎる出産です。
それは、赤ちゃんの尾てい骨にできた”腫瘍”を取り除くためでした。
腫瘍が切除されたのち、赤ちゃんはまた母胎へと戻されたのです。

手術に携わった医者は、「本当に稀なケースです。成功したのは奇跡的と言えるでしょう。」と語りました。

赤ちゃんに腫瘍がある場合、生まれてから取り除くのが一般的です。
しかし、この赤ちゃんの場合、母胎内でかなりの出血があったため、取り除かなければ命に係わるだろうということでした。
成功するかどうかが全く保証されていない中で、わずかな望みをかけて行われた大手術。

結果として、手術は無事に成功しました。
ですが、赤ちゃんの母親にはそれを手放しで喜べない理由がありました。

その手術の結果、お腹にいたもう一人の赤ちゃんが亡くなってしまったからです。
この赤ちゃん達は、実は双子だったのです。

手術から12週間後。
5時間にわたる手術の後に、帝王切開でこの世にもう一度生まれたこの赤ちゃん。

どうか「命」を大切に、生まれてくることができなかった兄弟の分まで幸せに生きてほしいですね。
%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93