熊田曜子、高校時代は体重60キロ以上!男子から「ブラゴリラ」と言われたことも…自分を変えたのは綾野剛

”クビレの女王”の異名を持つ熊田曜子

611680d8


昨日8日放送の日本テレビ系『解決!ナイナイアンサー』に熊田曜子が出演。
今でこそクビレの女王の異名を持ち、抜群のスタイルをグラビアやDVDで披露している熊田だが、高校時代には体重が60kg以上もあったことが明かされた。

高校時代の熊田の食欲が、とにかくハンパじゃなかった!!


今では、「ワンピースに出てきそうなおっぱい」とも言われているが…

329993ec


高校時代にテニス部に所属していたという熊田。
朝練が終わると弁当を食べ、朝起きてから寝るまで1日5食は普通だった。
当時は、高校の購買で食パン1片(ブロック)を昼食に食べるのも楽しみだったという。
そんな熊田がある時、男子から「ブタゴリラ」と言われる出来事があり、すごく悲しかったというエピソードを語った。

自分を変えるきっかけとなったのは、俳優の綾野剛だった。
実は熊田曜子と綾野剛は同じ高校で、綾野はひとつ上の先輩で陸上部所属。

当時の綾野を

「フォームも綺麗でスーパースターのような存在」


と格差を感じていたことを話した。

熊田はそれからあらゆるダイエットをや試したが、当時は体を壊していたりしたため、健康な体になることを目標にマッサージをはじめたという。
起きて顔10分、首回り10分、膝下10分、もも5分といった具合にこれを毎日、3~4年自分で続けたそうだ。
この並々ならぬ努力に、スタジオは感心しきりだった。