「夢姫」でなんて読む?読めたらすごい「キラキラネーム」ランキング

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%aa%e3%83%b3
キラキラネームは中年になってからのことを考えようね!!

1511154top


難解な漢字や読み方をするキラキラネーム。

変わった名前でかっこよかったり可愛かったりもしますが、あまりに奇抜な名前やアニメのキャラクターと同じものを付けると、↑のように中年になった時にものすごい目立ち方をしますね。

そこで今回は「読み方の想像もつかないキラキラネーム」を調査・ランキングにしてみましたのでご覧くださいませ!


1位

ec0787a8acbc886dd1abb504c036afad_content


「みらん」「あとむ」と読ませるというこの名前が堂々の1位を獲得しました。

「碧空」は辞書などでは青空などを指す言葉で、他にはドイツでつくられたコンチネンタル・タンゴ「Blauer Himmel(碧空=あおぞら)」というものがあります。

名付けた親が上記のことを知っているのかは分かりませんが、青空の字面に「みらん(イタリアのミラノの英語読み?)」「あとむ(鉄腕アトム)」はさすがに読めませんね。

しかし「鉄腕アトム>青い空を飛ぶ>碧空」という解釈なのかもしれませんが、鉄腕アトムのアトムは「原子」という意味ですね…。

2位

47008e52f5cff504ab2737448f7458e0_content


「ぷりん」「ゆらり」などと読ませる「夢姫」が2位に。

他にも「ありす」「いぶき」「らら」「りおん」などどう考えても字面と発音がマッチせず、しかもパターンがかなり多いようで、学校の先生や友達を大いに悩ませているようです。

同率2位

443bad30c463c66ee7d04005d154200a_content


同率2位は「ぴいな」と読む姫奈がランクイン。
「ひめな」でもかわいいような気がしますが、それではダメだったのでしょうか?

それにしても、インパクトが絶大の名前が勢揃いでしたね!
%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%aa%e3%83%b3