SMAP紅白出場せず!!NHKは企画枠での交渉継続…。和田アキ子も落選!!

o127908001305622026948
SMAP、紅白に出場せず!!

o127908001305622026948


大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」に、年内で解散が決まっている5人組アイドルグループ・SMAPが出場しないことが23日、分かった。


「紅白で最後を見たい」気持ち届かず

sumasuma-syazai-1


NHKの籾井勝人会長(73)が説得のため、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)に対し直接出馬の意向を示すなど、総力を結集して出場に向けての動きが高まっていたが、最後まで交渉は難航した。

ジャニー氏がSMAP25周年記念ライブ開催を打診しても、メンバーが首を縦に振らなかったように、紅白へ5人の気持ちは一致しなかったとみられる。

だが、今年の紅白出場はもともと厳しい道のりだった。
2001年はメンバー稲垣吾郎(42)の謹慎、2004年はシングル発売がなく、コンサートも未開催だったことから紅白を辞退。
今年も2004年同様、シングル発売、コンサートはなく、今夏の民放歌特番もパフォーマンス出来る状況にないと出演を見送った。
このことから、関係者からも「紅白だけ出演、というのは難しいのでは」と声が上がり、自身3度目の紅白出場辞退は濃厚だった。

“紅白の顔”とも言える5人は、2003年に紅白史上初となるグループとして大トリを務め、出場者別で瞬間最高視聴率57・1%(関東地区)を記録した。
リーダーの中居正広(44)が25歳だった1997年に紅白初司会を務め、通算6度も大役を務めるなど紅白とは縁は深かった。

出場者として名を連ねることはなかったが、NHKは企画枠での出演へ交渉を続けるという。
2013年に紅白卒業宣言していた演歌歌手・北島三郎(80)が紅組・白組の枠を超えた“究極の大トリ”として紅白卒業を飾ったようなサプライズで出演を呼びかける意向だ。

SMAPのラスト舞台は現時点で、5人が唯一レギュラー出演するフジテレビ系「SMAP×SMAP」に限られた。
放送20周年を迎えたスマスマは月曜最終週となる12月26日での最終回が有力とみられる。
「世界に一つだけの花」「らいおんハート」「夜空ノムコウ」などミリオンを達成したヒット曲を始め、名曲の数々を5人が生で歌う姿が期待される。

また、紅組では出場したくてもできない事態に陥った歌手もいる。


和田アキ子、紅白落選

a806d0b1-s


紅白39回の歴代最多出場を誇り、1986年から31年連続の出場を目指していた大御所の和田アキ子(66)が落選した。

和田は今年、女性歌手歴代単独1位となる連続出場31回の快挙がかかっており、NHKは慎重に選考を進めたが、関係者によると23日に入り、色濃くなった世代交代の流れを支持する局内の声が強まり、出場見送りを決定。
所属事務所に通達したという。



o127908001305622026948