好きな子に聞かれたら大変!ドン引きされる男同士の会話9パターン

%e7%94%b7
男同士では、そういう話でもいいんだけど…

1414_0_150515225809171_700x


同性同士の会話というのは、悩みを共有しやすかったりして盛り上がりますよね。

しかし、中には異性、とくに”好きな子”に聞かれたら大変!という内容の会話もありますね。
今回は、女子に「ドン引きされる男同士の会話」を9パターン紹介します!


【1】「お前の妹、胸でかいよな」と友達の姉妹を性的な目で見る


「友達本人に言うなんて、友やめされてもいいレベル」(20代女性)というように、友達の身内をセクハラまがいの視線で見ているのがバレると、それを聞いてしまった女子には心の底から幻滅されそうです。友情にヒビが入るおそれもあるので、思っていても口に出すのは控えましょう。



【2】「俺のほうがモテる!なぜなら…」と不毛な議論に明け暮れる


「そこにいた女子全員が『どっちもモテてないし』と思ってたはず」(10代女性)というように、自分達にとっては大事でも、女性には「机上の空論」としか思えない話もあるようです。「くだらない」と呆れられたくなければ、場をわきまえたほうがよさそうです。



【3】「あいつマジ死んでほしいんだけど」とそこにいない人の陰口を叩く


「愛のない本気の悪口は、聞いていて不愉快」(20代女性)というように、本人に隠れてコソコソ文句を言うと、自らの評価を下げてしまいそうです。うっかり漏らしてしまったら、「いい所もあるけどね」などとフォローしておきたいところです。



【4】「あそこの女は尻軽が多い」と合コン相手について情報交換する

「『簡単に落とせる!』と盛り上がっていて、チャラい…とドン引きした」(20代女性)というように、合コンの裏事情を女性に聞かれるのもまずいかもしれません。特に「お持ち帰り目的?」と疑われそうな発言は、口にしないほうが賢明でしょう。



【5】「頼む!今度こそ絶対返すから!」と友達にお金を無心する


「相手もウンザリした顔をしていて、この人には気をつけようと思った」(20代女性)というように、情けない実態を知られると、「要注意人物」に認定されるおそれもあります。やむなく借金話を切り出すときは、時と場所を選んでのぞんだほうがよさそうです。



【6】「あの体型はさすがにないよな?」と女子の容姿をネタにする


「女子の結束は意外に強いので、本人に聞かれていなくても全員から睨まれますよ」(20代女性)というように、女性をあざわらうと、巡り巡って自分が痛い目に遭いそうです。男友達がうっかりほかの女性に口を滑らせる可能性もあるので、油断は禁物でしょう。



【7】「顔だけならあの子が上だろ」と身近な女子をランクづけする


「顔とか胸とかとにかく男目線で判定を下してて、イラッとした」(10代女性)というように、男性本位の視点で女性を論じ、さらに順位づけまでするのは、下品だと思われても仕方がないかもしれません。たとえ性格を加味したとしても、女性からの反感は免れないでしょう。



【8】「いやいや、寸止め入れれば俺のほうが多いから」と関係した女性の数を競う


「汚らわしいというか、くだらなすぎて軽蔑します」(20代女性)というように、これまでに口説き落とした人数を競い合う姿は、女性の目には限りなくバカバカしく映ってしまうようです。誇らしげに経験の多さを自慢しても、「見栄っ張り?」などと邪推されるのがオチでしょう。



【9】「たしかに…あれはたまらん!」とAV談義に花を咲かせる


「デリカシーなさすぎ。自分の体験とかも自慢げに話していそう」(20代女性)というように、AVの話題ほど、女性に聞かれて気まずいものはなさそうです。情報交換するのであれば、男性オンリーのグループLINEなどクローズドな場所でやりましょう。


%e7%94%b7