ASKA容疑者が「物干し場にお菓子のサブレを干してた」高相容疑者が共同生活明かしていた

%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac
ASKAと共同生活を送っていた、高相容疑者

d_09706584


お互い、2度目の逮捕となってしまった。

警視庁組織犯罪対策5課は今月28日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名=宮崎重明)容疑者(58)を逮捕した。
ASKA容疑者は2014年9月、同法違反と麻薬取締法違反の罪で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けていた。

ASKA容疑者を巡っては、同じく今月18日に医薬品医療機器法違反容疑で逮捕された、女優・酒井法子の元夫・高相祐一容疑者が、昨年1月に大阪市内で開いたトークライブで、2014年夏ごろにASKA容疑者と千葉県内の更生施設で共同生活していた、と話していた。

そこで、ASKA容疑者はどのような状態だったのだろうか?


お菓子の「サブレ」を………

id00000100img3


高相容疑者はASKA容疑者に酒井の元夫であると挨拶したことや、当時ASKA容疑者が洗濯物を干す場所に

お菓子のサブレを干していた
「ASKAさんは自分からボケるタイプでないが、少し天然。(サブレの)理由は聞けませんでした」


などと語っていたという。

このライブで高相容疑者は、「ASKAさんはマージャンが強かった」ということも明かし、大広間のテレビで自身の事件や後半の様子が報じられると、最前列で食い入るように見ていた、とも話していた。

また、施設では飲酒が禁じられており、入所者らがレーズンを発酵させて酒に似たものを作ろうとしたところ、ASKA容疑者もおもしろがって食事のレーズンパンのレーズンを集めるのに協力していたとも明かしていた。

このことを知ったネットでは、「二人共全く更生出来てないけど、その施設大丈夫なの?」といった心配のコメントも並んでいた。
何も得るものなどない犯罪行為に手を染めてしまったという自覚はあるのか。
ふたりは再び、更正の道を歩むことになった。
%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac