『ガキ使』DVDで、SMAP・中居正広の出演シーン全カット!Amazonのレビュー「カットだらけでひどすぎる!」

『ガキ使』DVD、中居正広の出演シーンを全カット!!

maxresdefault


毎年、大みそかに豪華なメンバーが登場し、お茶の間を爆笑の渦に巻き込んでいる日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の「絶対に笑ってはいけない」シリーズ。

大みそか放送10回目と節目を迎えた昨年末は、『絶対に笑ってはいけない名探偵24時』を放送。
今年の11月末には、そのDVDが発売となったのだが“ある部分”が丸々カットされ、Amazonのレビューで「ひどすぎる」と批判が出ているという。

一体、何をカットしたのだろうか?



「カットされた部分とは、番組冒頭から30分ほどにわたって登場したSMAP・中居正広の出演部分なんです。パッケージのジャケットにも『※本商品は放送された内容とは一部異なりますので、予めご了承ください。』との一文が入っているので、何かと思っていたのですが……。カットされたのは、中居とともに現れた“偽SMAP”メンバーとのやりとりや、後におかずクラブ・オカリナへの殺害予告にまで発展した中居とオカリナの“ビジネスキス”、中居の『らいおんハート』歌唱などの部分でした」(芸能ライター)



その中居の出演シーンのカットについて、Amazonの製品レビューでは「カットだらけでひどすぎる!」「今回ひどい」などと、批判や悲しみの声も上がった。

だが、今月10日に行われたという本パッケージ版の発売記念イベントでは、登場したお笑いコンビ・ココリコによる、こんなやりとりがあった。
イベントを観覧していた20代女性は語る。

「ココリコ遠藤(章造)さんが、中居さんの登場に驚いたという話のくだりの中で、『偽物のSMAPも来て面白かった』と、話していたんです。会場ではココリコさんの真後ろに『名探偵24時』の24時間のタイムスケジュールのボードがあったんですけど、中居さんの部分は記載されてなくて、遠藤さんも『書いてない?』と、不思議がっていました」



なぜ、中居の出演部分がカットされたのか理由は特に明かされていない。
しかし、今年末での解散を発表しているSMAPだけに、その影響の余波でも出たのだろうか……。