元モー娘。加護亜依の元カレ体験談に視聴者ドン引き!!「正月から笑えない」

正月早々、加護亜依の元カレ体験談に視聴者ドン引き!

20140917_807376


今年も無事に正月を迎え、テレビ局各局では特別番組を放送している。

スペシャル番組やネタ番組など、全体的にのんきで笑える番組が多い中、バラエティ番組内でとあるタレントが語った元カレエピソードがあまりに「重すぎる」と視聴者がドン引きしてしまったようだ。

それは、一世を風靡した元モーニング娘。のメンバー・加護亜依の過去だった………。


2017年1月1日に放送された関西テレビ系バラエティ番組『快傑えみちゃんねる 芸能界ワケあり男女の新春ヤバネタ祭りSP』。
関西芸能界の重鎮・上沼恵美子が司会を務めるトーク番組に、加護亜依が出演。

この日、番組では過去に体験した最悪な男(女)という内容でトークを繰り広げたのだが、そこで加護は過去にいた最低な元カレについてこう話し始める。

その元カレは嫉妬深さが尋常ではなく、他の男とのやり取りを一切許さないタイプだった。

ある日、加護が『花とアリス』などで知られる岩井俊二監督と一緒に仕事をした時、一緒に食事をする約束をしたらしい。
しかし、その彼が勝手に加護の携帯電話を見て、岩井監督に電話をかけ、「お前誰だ?」と追及したというから恐ろしい話だ。

このような元カレの嫉妬深さが災いして、加護は交際中、実に12回も携帯電話を買い替えることになり、友達からも「情緒不安定な女」と思われてしまったとか。

しかし、加護は男が涙を見せると「離れなきゃいけない」と思いつつも自分が側にいないと…と思ってしまうという。

だが、現在ではすっかりその殻は破り、現在の夫は自分が支配しているという。
お腹の中にいる子供を含め、幸せいっぱいの様子だった。

それにしても、携帯電話を12回も買い替えるとはなかなかないエピソードなだけに、視聴者からは「男運ないのは知ってる」「おもしろいけど勿体ない」などと加護を心配する声もあがっている。

今後は加護の幸せなエピソードがバラエティ番組から聞こえてくるようになると良い………。