松方弘樹さん、脳リンパ腫で死去!!「仁義なき戦い」「柳生一族の陰謀」に出演

松方弘樹さん、脳リンパ腫で死去

39822_original


俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき、本名目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ)さんが21日、脳リンパ腫のため死去した。74歳だった。


松方さんの所属する「夢グループ」が、脳腫瘍の可能性があることを報道各社に明かしたのは昨年の2月23日だった。
長期療養が必要となるため、出演予定だった同3月1日から6月8日までの「夢コンサート」を降板。
6月からの舞台「遠山の金さんと女ねずみ」を中止すると発表。
その後、病名を「脳リンパ腫」と公表していた。

懸命な闘病が続いたが、抗がん剤投与の治療中にたびたび脳梗塞を起こし、今年に入って一進一退の状況を続けたという。

松方さんは時代劇スター近衛十四郎さんと女優の水川八重子さんの間に長男として誕生し、俳優の目黒祐樹(69)は弟。
もともと歌手志望だったが、明大中野高3年の1960年に東映入りし、同年「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」でいきなりの主演デビューを果たす。
その後、スターへの階段を駆け上がり、「昭和残侠伝」シリーズといった任侠映画から「仁義なき戦い」シリーズなどの実録路線、さらに「柳生一族の陰謀」を初めとする大型時代劇で活躍した。

その一方、日本テレビ系「天才・たけしの元気が出るテレビ」の笑い上戸キャラで人気を呼び、多くのバラエティー番組でも異彩を放った。

元妻で、女優の仁科亜希子(63)との間に、タレントの仁科克基(34)と仁科仁美(32)の一男一女ををもうけた。