「のん」能年玲奈の“干され問題”が火種で有名文化人が大モメ!一体なぜ?

065d7f057968bbfefdbd148f95345790_25727
能年玲奈の“干され問題”が火種で有名文化人が大モメ

065d7f057968bbfefdbd148f95345790_25727


昨年公開された大ヒットアニメ映画「この世界の片隅に」で、主人公・すずのアフレコを務め、声優としての評価を確立したのは、女優の「のん」こと能年玲奈だ。

彼女は事務所独立騒動を経て新たな一歩を踏み出したことで、今後の活動に大きな期待が寄せられている。
だが、そのことで思いもよらぬ騒動が彼女の周辺で起きているという。


ある芸能ライターはこんな話をする。

「昨年末からツイッター上で映画評論家の町山智浩さんと『とくダネ!』(フジテレビ系)でコメンテーターを務める作家・投資家の山本一郎さんが大激論を繰り広げているのですが、その発端となったのが、のんさんなんですよ」


一体どういうことかといえば、

「ある番組がのんさんをキャスティングしようとした際、事務所の圧力で出演できなくなったと町山さんがツイートで明かしたのですが、これに山本さんが『そういった事実はない』と猛反論し、大論争に発展したのです。いったん論争は終結したのですが、最近になって争いが再燃。ジャーナリストの津田大介さん、コラムニストの小田嶋隆さんらネットで影響力のある方々が参戦し、険しい言葉が連日、ツイッターで飛び交っています」


そして2月中旬現在、のんの話とは別に過去の発言などを巡り、山本氏が集中的に非難を受けている状況なのだとか。

「のんさんも自分がきっかけで激論となっているだけにチェックしているに違いありません」(前出・芸能ライター)



のんの事務所独立騒動をめぐっては、現在も噂や憶測が絶えない。
そんな中で自身のことで揉めている大の大人を見たら…のんも複雑な心境になりそうだ。
065d7f057968bbfefdbd148f95345790_25727