沖縄・小6男子の飲酒運転で死亡事故!!親の責任を問う厳しい意見も「小6にバイクのカギ渡してるの?」

沖縄・小6男子の飲酒運転で死亡事故 親の責任を問う厳しい意見も

C5UUZk4VUAETXCf


今月12日、沖縄県恩納村山田の国道58号で小中学生の男女が3人乗りした125ccのバイクが転倒し、男子中学生(15)が死亡するという事故が発生した。

22日、運転していたのが小学6年の男子児童(12)だったことが琉球新報によって報じられたのだが、驚いたことに、児童は飲酒した状態で運転していたという。

この児童は14歳未満という刑事責任能力がない年齢のため、石川署は同日、男子児童を自動車運転処罰法違反(過失致死傷、無免許)、道交法違反(酒気帯び)の疑いで県中央児童相談所に送致。

また、小中学生3人のうち、死亡した男子中学生と、右鎖骨骨折を負った少女(14)からはアルコールは検知されていないという。
調べに対し、男子児童は事実関係を認めているという。

このショッキングな事故に、ネットでは様々な意見が出ている。



・無免許に飲酒運転に死亡事故っていったいどんな小6なんだよ...

・てっきり小6の男子生徒が飲酒運転の被害にあったんだと思ったら、その子が運転してるのかよ

・なんかもう全てが理解不能。例えば3人とも酒を飲んでたって言われた方がまだ納得できるくらいだ

・これ、親どうしてるんだよ。小6にバイクのカギ渡してるの?

・警察はなにやってるの? 暴走族とかいるだろうに普段からパトロールしてないの?

・正直、親の管理責任だろ



男子児童らは那覇市内から名護市方面へと向かい、那覇市方面へ戻る途中で転倒したという。
ということは、行きについては問題なく運転できたことから、日常的にバイクを運転していた可能性が浮上する。
また、バイクに3人組で乗っていたならば、相当目立っていたのではないか。
これについて、3人組にもかかわらず通報がなかったのか、事故を防ぐことはできなかったのかという意見や、両親の責任について指摘する声も見られた。