アメリカ・17歳の教え子と数百回の性行為を持った女性教師が90日の服役へ!!

17歳の教え子と数百回の性行為を持った女性教師

af11ff968cb841e4dc04d0b37da57b01_content


アメリカ・アイオワ州で、ひとりの女性教師が刑務所へ行くこととなった。

彼女が一体何をしたのかといえば、17歳の教え子と数百回に及ぶ性行為をしたとのこと。

なぜ、彼女は教え子とそのような関係になってしまったのだろうか。



高校にもなるとPTAにとって眉をひそめざるを得ない問題の一つに教師と生徒の恋愛がある。その度が過ぎ、かつ反省が足りないようであれば教師が刑務所送りとなることもあるアメリカ。このほどの事例はアイオワ州から伝えられた。

アイオワ州リン郡シーダーラピッズの「ワシントン高校」に非常勤講師として勤務していたなかで17歳の男子生徒と親しくなり、肉体関係を続けていたことから昨年逮捕され、未成年者性的虐待の罪に問われていたメアリー・ベス・ハグリン(25)。少年の家、車の中などで性行為が何百回も繰り返されたことを認めたものの、「男子生徒の方から性的な誘惑があった」と主張し、そこが裁判の争点になるとみられていた。

その後のハグリンは、精神心理学博士のフィル・マグロー氏による『Dr.Phil』という人生相談番組にも出演するなどお茶の間の有名人に。自身のヌード写真を少年に送ったところ彼がその写真を友人に見せ、それがきっかけで2人の情事が明らかになり「教師の職をクビになった後はストリップクラブで働いている」とも話していた。

このほどその裁判が結審し、ハグリンには懲役90日の実刑判決が下った。被害者である男子生徒への接近禁止が命じられ、性犯罪者として登録されるほか出所後も保護観察が続くという。教師と生徒の間で不適切な関係が発覚することが増えているアメリカにおいて、「未成年者と地域社会の秩序を守るためにも見過ごすことはできない」として教師に対する判決は年々厳しいものになっている。

テキサス州では13歳の男子生徒と親公認の仲となり、連日のように性行為を続けた末に妊娠した24歳の女教師に懲役10年の実刑判決が下ったばかりである。また教師側のモラルの低下を嘆く例として、ルイジアナ州では2名の若手美人教師が1名の男子生徒とともに性行為を楽しむ関係となり、時にはビデオ撮影まで行い断罪された。

もちろん男の教師による事件も多い。カリフォルニア州では教師歴27年という56歳の男が中学2年生の少女に性的暴行を働き、その裁判で陪審員が「有罪」の評決を下すと彼は隠し持っていたカミソリの刃を自分の首へ。大出血の中で退廷となったことが伝えられた。