「ポップスの天才」小沢健二が、ファンから罵詈雑言を浴びた理由とは?

小沢健二が、ファンから罵詈雑言を浴びた理由とは?

C5bXARqUoAAzJ3x


2月24日に放送された、テレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション(Mステ)』。
同日は伝説のバンド『X JAPAN』と、“ポップスの天才”小沢健二(オザケン)が共演することもあって、1990年代に青春を過ごした視聴者からは「神回!」と大いに期待された。

『X JAPAN』はこの日の放送で、内容の濃いエピソード披露。

片やオザケンは1990年代当時、「渋谷系王子様」と呼ばれ、オリーブ少女やサブカル好きの女性たちから絶大な人気を誇っていた。
インターネット上では、オザケン出演のニュースが流れるや「久々のテレビ出演に今から楽しみ!」といった喜びが飛び交った。

だが、いざ番組が始まってオザケンが歌い始めた途端、その歓喜の声は悲鳴へと変わった。


その時の状況を、芸能記者が語る。

「人前で歌うにはブランクが長過ぎたのでしょうね。全く声が出ていなくて、下手すると素人のカラオケレベル。さすがにこの年になって当時のようなキュートな歌声を望むのは酷とは言うものの、大人の魅力を期待していたファンからは落胆の声というよりも罵詈雑言という感じ」



そんなオザケンは1993年にソロデビューする前、ミュージシャンの小山田圭吾と『フリッパーズ・ギター』というバンドを結成していた。
当時、マガジンハウスが発行する『オリーブ』という雑誌に広告展開し、“渋谷系”というジャンルを確立した人気バンドだったが、およそ3年ほどで解散している。

解散の理由は、「オザケンと小山田との音楽性の違い」とされていた。
しかし当時、オザケンが付き合っていたとされる元おニャン子クラブの渡辺満里奈を巡り、二人の間に確執があったとも噂された。
その後、小山田は『コーネリアス』というバンドを結成し、欧米でも一定の評価を得た。その後は『YMO』のバックバンドなどを経て、現在は高橋幸宏(元YMO)と『METAFIVE』というバンドでブレイク中。ミュージシャンとしての地位を確立した。

一方のオザケンはアメリカに渡って隠遁生活後、ここに来て再浮上を試みたというわけだ。
当時の人気は凄まじいものがあったが、それも今となっては昔のことなのか………。