※閲覧注意 衝撃的だった話:空襲の時に出会った祖父と祖母のなれ初めが強烈過ぎた

祖父と祖母のなれ初めが強烈過ぎた

20160630001312


※空襲の描写が出てくるので、閲覧注意でお願いします。

昭和20年、無差別爆撃によって火の海と化していた東京下町で、祖父と祖母は出会った。

その強烈過ぎるエピソードとは………。



468: 名無しさん@おーぷん 2017/03/05(日)21:26:03 ID:3oC
祖父と祖母のなれ初めが強烈過ぎて衝撃的だった話。
昭和20年3月8日(※3月10日?)未明、米軍から無差別爆撃により火の海と化した東京下町を当時女学生だった祖母は両親・妹2人と逃げまわっていた。
途中、焼夷弾が体を貫通した上の妹が上半身吹っ飛んで爆タヒしたり、木の上から赤ん坊の生首と腸が落ちてきたり、飛んできたトタンが見知らぬ爺さんの首をチョンパしたりする光景を目撃したりしながらなんとか荒川沿岸にたどり着いた。
後ろから火はどんどん迫ってくるし、川に飛び込むのを躊躇している人たちは次々火だるまになるしで選択の余地もなく家族で荒川に飛び込んだ。
飛び込んできた人々でごった返した川面の中で、祖母一家があっぷあっぷしていると、どこからか長細い板切れが流れてきた。

469: 名無しさん@おーぷん 2017/03/05(日)21:27:12 ID:3oC
行動が早一番かったのが祖母父だった。素早く泳いで、板切れに上半身を乗せ、がっちりと板を抱え込んだ。
 板切れは小さく薄く、人が二人乗ったら沈んでしまうことは傍目でもわかった。祖母母は「娘のどちらかに譲って!と叫んだが祖母父は「板に触るな~!俺は生きる~~!」と絶叫して板にしがみつくばかり。そのうち祖母は体が冷えて、意識を失ってしまった。
目覚めた時、祖母は人が何人も乗った大きな板の上で(流れてきた看板だったらしい)見知らぬ男子高校生に抱かれていた。すぐ傍には号泣している祖母母と妹がいた。
祖母父に見捨てられた後、気絶」した祖母を抱いた祖母母、泳ぎが達者な妹の3人で荒川を漂っていると人が何人も載った大きな板に行き会った。妹だけは板につかまることができたが、祖母を抱えている上に元々体力のない祖母は板まで泳ぎつくことは不可能だった。
しかし引っ張り上げられた妹が母と姉を指さして「二人がタヒんじゃう!」と訴えたところ、妹を引っ張り上げた男性の息子が荒川に飛び込んで祖母とその母を救出してくれた。その男性の息子が祖母を抱いていた男子高校生であり、祖母の未来の夫。
板の上で地獄のような一夜を明かし(最大積載量ぎりぎりまで人が乗っていたので板につかまろうとする人を追い払ったり、目の前で沈んでいく人を見ゴロしにしなければならなかったりなどつらい体験をした)、何とか生き延びることができた。

470: 名無しさん@おーぷん 2017/03/05(日)21:28:17 ID:3oC
翌日には、板につかまり続けて無事生き延びていた祖父父と気まず~~い再会をして、命の恩人の一家と一緒に救護所まで向かった。
救護所の一つ屋根の下でけが人の手当てや配給配分の手伝いをしているうちに祖母と祖父は恋に落ちて数年の交際を得た後ゴールインしました。
母が「じいちゃんは、ばあちゃんに一生頭が上がらなかった」と不思議がっていたがそういうことだったのか・・。
祖父父の名誉のために、大空襲での祖父父の行動は、祖母母・祖母・大叔母だけの胸のうちにしまわれ、祖父も母も知らない。
祖母の両親も私が生まれる前に亡くなり、祖母が「もう父ちゃんも成仏してろうだろう」と10歳になった私に教えてくれた話。
まぁ、曾爺ちゃんが屑な行動とらなかったら祖父と祖母が出会うこともなく、母も、当然私も存在しないわけでそういう意味では曽祖父に感謝している。