諸星和己、絶対放送禁止のジャニーズ”揶揄”発言を連発!!「どうせジャニーもメリーも死ぬ」

諸星和己、「どうせジャニーもメリーも死ぬ」

maxresdefault


昨年、日本中から惜しまれつつも解散した国民的アイドルプループ・SMAP。
メンバーの不仲や事務所との対立など、様々な憶測が1年中飛び交い、解散して年が明けた今でも”独立問題”などの報道がやまない状態だ。

そんな中、かつて一世を風靡した元ジャニーズのタレントが、絶対に放送できないような揶揄発言を連発していることが分かった。


ジャニーズという特異な事務所は、メディアからも硝子細工のように慎重な扱いを受ける。
それはSMAPも当然であり、今もマスコミは目を光らせている状況だ。

「それでもSMAPへの世間の関心は相変わらず高く、1月から木村拓哉と草なぎ剛(編注:「なぎ」は正式名は漢字)の主演ドラマがスタートしたことで視聴率を比較されたり、メンバーがさまざまなメディアでSMAP関連の発言をしないかどうか、各スポーツ紙のウエブ班は綿密にチェックしています」(ワイドショー関係者)


だが、そのジャニーズのタブーに触れる発言をしてしまったタレントがいる。
それは、元光GENJIの諸星和己と大沢樹生だ。
光GENJIといえば、1980年代後半から90年代初めにかけて一世を風靡したジャニーズの7人組アイドルグループ。
1995年に解散し、諸星と大沢をはじめメンバーの大半はジャニーズから独立してしまった。

スポーツ紙の記者が、昨年12月に行なわれた2人のディナーショーでの会見を振り返る。

「諸星と大沢はこの日、2人でディナーショーを開催したのですが、初めから“暴走”していました。諸星は『オレがなんで結婚しないか? ●●だから。ジャニー(喜多川社長)みたいなものだから』とジャニー喜多川社長を揶揄しながら冗談を言ったり。報道陣はみんな苦笑いでしたよ」


もちろん、話題は解散騒動の渦中にあったSMAPにも及んだ。
もともとSMAPは光GENJIのバックダンサーを務めたり、メンバーの不仲や独立に動く点など共通点も多い。まず諸星が、

「僕たちは僕たちのスタイルがあって、彼らには彼らのスタイルがある。彼らについて言う権利があるのは、応援してきたファンだけ」

とコメントし、大沢も

「芸能界を辞めるわけじゃない。変な詮索をせず、彼らの功績を称えて、温かく見守ってほしい」

と発言した。

ところが、SMAPの再結成の可能性について聞かれた時に諸星に火がついてしまった。

「初めは『時が解決する。僕らだって22年振りなんですから』と殊勝なコメントをしていたのですが、その続きがすごかった。『時間がたてば、いろいろ変わるんですよ。どうせ、ジャニーもメリー(喜多川副社長)も死ぬわけだし!(20数年経って)生きていたら怖いでしょ?』と言い放ったのです。完全に場は凍りつきました」(同)


ジャニー氏は85歳、姉のメリー氏は90歳を数える高齢だ。

もちろん、いつその時を迎えるかは誰にも分からない。
だが、SMAPの存続を願ったジャニー氏はともかく、解散の一因にもなったメリー氏が不在となれば大きな障害がなくなることは間違いないだろう。とはいえ、あまりにも過激な発言ではある。

「大沢は『(諸星が)圧力でつぶされることを目の当たりにしたい』と笑いに変えていましたけどね。終了後、諸星も『記事にしないで!』と平謝りでした。まあ、言っていることは過激ですが、要するにそれだけジャニーさんもメリーさんも芸能界に大きな権力を持っているということ。いつか応援してくれたファンの前で、SMAPをもう一度見せるべきと言いたかったんだと思います」(前出スポーツ紙記者)


もっとも、人気アイドルを大勢抱えるジャニー氏もメリー氏もとっても元気だという。
テレビ関係者は、

「メリーさんは不祥事を起こしたタレントやヘマしたスタッフを怒鳴るのはしょっちゅう。ジャニーさんも『アイデアがいっぱい出てくる』と意気軒昂。2020年の東京五輪に向けて、その時に来日する外国人観光客に向けたショーをやりたいと息巻いていますよ」


とのこと。

ジャニーズ事務所はまだまだ安泰だ。