羽生善治竜王の妻・理恵さん、「最後の1分まで将棋に向き合う姿は家族の誇りです」と夫を労う

羽生善治竜王の妻・理恵さん、夫を労う

‚VŒŽ‚Q‚U“ú‚É’a¶‚µ‚½«Šû‚̉H¶‘PŽ¡‚³‚ñi¶j‚Ì’·—•‘‰Ô‚¿‚á‚ñ‚ÆŒ³‹C‚É•a‰@‚ð‘Þ‰@‚µ‚½•êe‚Ì—Œb‚³‚ñi“Œ‹žEa’J‹æ‚Ì“úÔˆã—ÃZƒ“ƒ^[j

将棋の第31期竜王戦7番勝負第7局は21日、山口県下関市の『春帆楼』で2日目が指し継がれた。

羽生善治竜王(48)が、挑戦者の広瀬章人八段(31)に167手で敗戦。3勝4敗で、27年ぶりの無冠となった。

羽生前竜王の妻・理恵さん(48)は同日に自身のツイッターを更新し、夫を労った。