SMAPに大トラブル…中居正広がマネージャーに連絡先を聞いて真っ先に電話をかけた「意外な相手」とは?

15年前の、あのトラブルの時

47c38a6b45f8e01854aec2f8474fad5e


今からおよそ15年前のことである。
人気アイドルグループ・SMAPの稲垣吾郎が、道交法違反および公務執行妨害の容疑で現行犯逮捕されるというショッキングな出来事があった。
当時、SMAPは5大ドームツアーの真っ最中。愛知ナゴヤドーム公演の前日だった。

結果的に、残りのツアーは稲垣を除く4人のメンバーで乗りきり、大みそかの『NHK紅白歌合戦』を辞退した。
稲垣不祥事の第一報を耳にしたとき、中居正広はリーダーとしてどんな行動を取ったのか。


default_c87527045756f9ccb92c4970aa21d9a8


ファンの間では有名だが、SMAPはプライベートでのメンバー間の交流があまりないため、お互いの電話番号を知らない。
草彅剛と香取慎吾は一緒にラジオのパーソナリティーを務めていることもあって、互いの家を行き来し、連絡先も知っているらしいが、それ以外のメンバーは、仕事以外で時間を共有することはなかったという。

しかし稲垣の事件を知った時、中居が最初に取った行動はマネージャーに連絡を入れ、木村拓哉の携帯番号を聞くことだった。

夜遅い時間の電話に、「何?」と、いぶかしげな声で出た木村。
「テレビ、観た?」と言う中居に、「風呂入ってたから(観ていない)。なんのこと?」と質問。
「見てみ」と促された木村がテレビをつけると、稲垣の事件の速報が流れていたのだ。
冷静な中居は、「集まるべ」と招集命令をかけて、深夜に事務所スタッフとメンバー4人が緊急集合。翌日のライブ会場である愛知県に向かい、ステージ構成の全面変更をするため、打ち合わせを重ねたというのだ。

コンサートツアー自体の中止も危惧されたが、ファンの支えもあり、メンバー4人で残りのツアーを最後までやりきった。
これまで何度もこうした困難を乗り越えてきたSMAPが今年の年末に解散するなんて、どうしても信じられない気持ちだ。