ヒロミ、”堺正章に干された説”を認める!一体、何をしたの!?

ヒロミ、”堺正章に干された説”認める

maxresdefault


タレントのヒロミ(51)が、芸能界に入るきっかけになった出来事や、タレントの堺正章(70)との関係について17日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」で語った。


ヒロミは17日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」2時間スペシャルに、堺とともに出演。

お笑いトリオB21スペシャルとして芸能界デビューするきっかけとなったのは、当時ホストとして働いていた東京・新宿歌舞伎町のホストクラブに来店した客から言われた「あんた面白いから芸能界やってみたら」という一言だったという。

その客が、後にヒロミの師匠となる漫才コンビ「星セント・ルイス」の星セントを紹介。
しかしセントから「1人じゃ無理だから。ピンは難しいから」と言われ、そこで同じホストクラブで働いていたデビット伊東とミスターちんを誘い、トリオ結成となったという。

そして、セントの友人だった堺の自宅にも行くようになり、芸についての心得などを教わったというヒロミ。

「ものすごいでっかい葉巻吸ってて、すっげえガウン着て。俺、『芸能人ってこういう人なんだな。芸能人ってすげーな』って思って」


と、当時の境の印象を語った。

ヒロミは、長らく芸能界から離れる原因となったとされる”噂”に言及し、

「そこからいろいろあって、俺が(堺)先生に(暴言を)言って干されて」
「ネット見ると『堺正章に干された』って、よく出てくるじゃん」
「うわさじゃない。今言うわ、ホントなんだよ」


と、真相を告白した。