どうなる、紅白!?宇多田ヒカル塩対応の裏であえぐ“崖っぷちアーティスト”たち

宇多田ヒカル「VTRでしか出場いたしません」

%e8%8a%b1%e6%9d%9f%e3%82%92%e5%90%9b%e3%81%ab


VTRでしか出場いたしませんーー。
そんな宇多田ヒカル(33)の塩対応とは裏腹に、『NHK紅白歌合戦』への出場の切符が喉から手が出るほど欲しいアーティストは数多く存在している。

出場してほしいと言われるアーティスト。
出場させてくださいと頭を下げるアーティスト。

今年の紅白は、多くの”崖っぷち”アーティストが多そうだ。


出られるのか、落ちるのか、ギリギリのラインにいる歌手たち

maxresdefault-2


今年で第67回目を迎えるNHK紅白歌合戦。
ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」の出場内定や宇多田ヒカルのVTRによる初出場、解散するSMAPの出演をめぐる騒動などが沸き起こる中、当落線上であえぐアーティストが少なくない。

当落線上にいるアーティストの一人が、有望な新人として名前が挙がっているシンガーソングライターの藤原さくら(20)だ。
月9枠のフジテレビ系ドラマ『ラヴソング』で所属事務所が同じ福山雅治(47)と共演し、1stシングル『Soup』をリリース。
しかしドラマ自体が「藤原のプロモーションのようだ」と揶揄され、賛否両論を巻き起こし、ドラマ放送以降はメディアで姿を見かけることも少ない。

常連の和田アキ子(66)も、落選の可能性はゼロではない。
和田は近年、ヒット曲がないまま紅白に出場を続け、若い世代を中心に「なぜ出場できるんだ」などとバッシングを受ける身。
今年もネット上の出場予想では名前が挙がっているものの、今年7月に唯一リリースした92thシングル『All Right!!!』がさっぱり話題にならないなど不安材料はある。

「宇多田のような天上人は別として、国内のアーティストにとって紅白出場は死活問題。出れば次の年は“紅白出場歌手”の看板で1年メシを食っていける。事務所としては是が非でも出したいはず」


と報道関係者は語る。

もう一つの注目が、“スキャンダル組”だ。


1280x720-dhu


常連となりつつあったLDH所属のEXILEや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEは、レコード大賞の1億円買収報道で揺れている。
またジャニーズには、ファンの間で初出場が期待されるも未成年妊娠疑惑が発覚し、CM降板など“スポンサーレベル”ではクロ扱いにされた若手グループがいる。

「いくら疑惑でとどまっているとはいえ、それぞれ限りなくクロに近いグレー。不祥事を嫌うNHKがどんな対応を取るのか注目。出るにせよ出ないにせよ“クロい関心”を集めることは間違いない。目をつむるのか、見過ごさずにバッサリ切るのか、NHKの品位が問われる」(前出・報道関係者)



波乱の予感に満ちている紅白歌合戦。
出場者の発表は間もなくだが、視聴者の納得いくキャスティングとなることを望む。