紅白出場歌手の夫、鳩山元首相の名を使って巨額詐欺報道!!セクシー女優転向の話も浮上

鳩山元総理の名前を利用

3132_2_1


10月31日に発売された「週刊ポスト」に信じられない詐欺事件が報道された。

事件の主犯とされているのは、紅白出場も果たした人気歌手の夫であり、実業家としても知られるI氏。
そして、この詐欺事件に関わっていたとされる人物が国政の最高責任者・内閣総理大臣も務めた鳩山由紀夫氏だったのである。

2人は2014年3月、共に会社を設立。
社名に2人のイニシャルが組み込まれていることから、相当な親密さがうかがえる。
事情を知る関係者は、

「I氏はパーティーで知り合った複数の会社経営者らに、『鳩山氏は金に無頓着で自分が押す投資案件には金を出すので大丈夫』『出資すれば必ず儲かる』などと鳩山氏の名前を使って言葉巧みに誘いかけ、被害者から多額の現金を吐き出させていた。しかし、実際は会社の実態はなく、騙し取った金はI氏が私的に利用していたといいます。騙された被害者は皆、元総理大臣である鳩山氏がI氏主催のパーティーに頻繁に顔を出していたことから、『元総理大臣がバックについている』と彼の儲け話を完全に信用していました」


と語った。

だが、I氏の妻である美人歌手が艶系ビデオに出演する危機に晒されているというのだ。


騒動を詳しく知る人物がこう話す。

「先日、実業家であるAの夫が巨額の詐欺事件を起こして被害者から訴えられ、世間を騒がせました。被害総額は3億円以上とも言われており、もし支払い命令が下されたとしたら、現在休業中で定収入のないAの歌唱印税だけでは到底返済しきれる金額ではありません。家族の借金返済のため、艶系ビデオに出演した芸能人も数多くいますから、もしかしたら近々Aにもオファーが来るかもしれませんね」



しかし、夫婦と親交のある人物からはこんな声もある。

「事件が明るみになった後、毎日のように更新していたAのツイッターは更新が途絶えています。ご主人とはすでに離婚に向けて話し合いもしているそうです。離婚が成立した場合、Aに賠償責任はなくなるため、艶系ビデオのオファーを受けることもないでしょう」



気軽に口ずさめるポップな曲で一世を風靡したという彼女。
新たな報道を待つよりない。