のん主演映画ヒットするも…未だに険しい”完全復活”への道のり

のん、未だに険しい”完全復活”への道のり

img_710672c87c10bc885a812586f1496bcf85075


2015年の事務所独立騒動以来、仕事を干される形でメディアへの露出が極端に減っている「のん」こと、女優の能年玲奈(23)。
一時期は完全に休業状態だったが、声優として出演した映画「この世界の片隅に」の大ヒットもあり、年末にかけて少しずつ活動を活発化させている。

それでも、未だに彼女がメディアに出てこられない理由とは…?


のんは秋口から地方のイベントや雑誌のインタビューに出演するようになり、LINE LIVEに「のんちゃんねる」を開設して生の姿をファンに公開。
10月19日にはNHK「おはよう日本」に出演して「この世界の片隅に」の告知を行った。
さらに12月16日には写真集「のん、呉へ。2泊3日の旅~『この世界の片隅に』すずがいた場所~」を発売し、21日にはNHK「あさイチ」に生出演した。
いよいよ本格的に活動再開かと期待するファンも増えている。

しかし、芸能ライターは

「映画がこれだけヒットした立役者といってもいい『のん』をテレビ局が話題にもしないのは、大物タレントを多数抱える旧事務所とのつながりを大事にしているから。つまり、旧事務所との独立問題をクリアにしない限り、本格的な復活はまだ先ということです」

と語る。

それを裏付けるかのうような事実がある。
実際、映画評論家の町山智浩氏が12月3日に「MXテレビでのんこと能年玲奈を番組に出そうとしたら旧事務所から抗議があって断念した」という内容をツイートして話題になったのだ。

NHKの連続ドラマ「あまちゃん」で一躍有名になったのん。
果たして彼女は、再び脚光を浴びることができるのだろうか?

「映画や舞台では徐々に起用されていくでしょうが、それがメディアで取り上げられることは当分ないでしょう。しかし今、のんが得意の絵を生かして生み出したキャラクター『黄色いワンピースのワルイちゃん』グッズが博品館やキディランドで人気です。女優より先にアーティストとして復活する可能性のほうが高いかもしれません」(前出の芸能ライター)



のんの活躍がメディアで大きく取り上げられる日は、まだ遠い先のようだ。