芸能界のタブーに踏み込んだダウンタウン松本人志に、特大ブーメランが直撃のワケとは?

芸能界のタブーに踏み込んだダウンタウン松本に…

001_size6


お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が発した言葉に、「お前が言うな!」と批判の声が集まっているという。

過激な発言で常に注目される松本だが、今回はどうしたというのか…。


松本は1日に放送されたフジテレビ系『ワイドナショー元旦SP』で、「バラエティ番組のワイドショー化」「テレビが抱えるジレンマ」について議論。

「いまだに事務所の力関係とか、大きい事務所のスキャンダルは扱えなかったりすることが、やっぱりあるんですね。でも、もうそんなん一般の人にバレてるから。この違和感はテレビ業界の人たちも、そろそろ気づいてほしい」

と、大きく業界のタブーに踏み込み、

「テレビがどんどん時代遅れになっていくし、『芸能界ってやっぱり変な世界やなぁ』って思われてしまう」

と警鐘を鳴らした。

“大きい事務所”の名指しこそしなかったものの、誰もがすぐに思いつく事務所は無数にある。

スポーツ紙の記者は
「松本さんの言う通り、これらの事務所のスキャンダルを書くときは根性がいる。黙って書くと大変なことになるから、事務所側に『書かせてください』とお願いして、そこから中身を詰めていく。当初ゲスだった話が、表に出たときには美談になっていたこともある。芸能界をおかしくしたのは、大手プロダクションよりも御用マスコミの責任のほうが大きい」

と語る。

一方で、松本もまた“お笑い界の巨人”である吉本興業に所属している。同社のトップは、ダウンタウンの元マネジャー。
別の記者がこう証言する。

「吉本興業の“地雷案件”はダウンタウンと中田カウス。この2組のスキャンダルを書くときは、以後の取材NGまで想定しなければならない。以前は、そこに島田紳助氏も入っていた。講談社は紳助氏と暴力団の親密ぶりを書いて裁判となり、判決が下った現在も、吉本とは冷戦を繰り広げている」


松本もまた、吉本に“守られている”立場なのだ。

「例えば、大みそかに日本テレビで放送されている『笑ってはいけない』シリーズ。その裏番組に、吉本は所属芸人を積極的に出演させない。それどころか、他局に『ダウンタウンがやるの、わかってるよな?』とプレッシャーをかけることもあった。松本さんの知らないところで、社員がいろいろ動いているんです」(同)



業界のタブーにもの申した松本だったが、結局は「お前が言うな!」と言われるハメになってしまった。