二股相手だけじゃなかった!嵐・松本潤のタクシー無賃乗車に生田斗真もブチギレ

嵐・松本潤のタクシー代には、生田斗真もブチギレ!?

Cuz4jGmUMAEa3vu


昨年12月28日発売の「週刊文春」が、国民的アイドル・嵐の松本潤(33)とセクシー女優・葵つかさ(26)の熱愛記事を掲載した。
その中でも、松本の金銭感覚について様々な意見が飛び交っている。



「松本は葵と交際していた4年間、毎週のように深夜彼女を部屋に呼びだしていたため、タクシー代がかさんでいたようです。そこで彼女は『タクシー代くらいほしい』と告げたものの、松本は『お金を払うような関係じゃないよね』と言いくるめ、支払うことはなかったとのことです」(芸能記者)


この報道にネット民はすかさず、「多くの収入を貰っているんだから、タクシー代くらい払ってあげればいいのに」「ケチ潤だ!」などの意見を出した。

ところが、松本は二股相手のみならず、同じジャニーズ事務所のタレントにも似たような態度をとるという。

「松本は昔からタクシー代を払わない男として有名でした。例えば生田斗真は過去、松本と一緒にタクシーに乗ったそうですが、降り際に突然1000円しか持ってないと言われ、『ボクは何度あなたのタクシー代を払えばいいんですか?』と雑誌のコメントで激怒しています。また関ジャニ∞の村上信五も、松本とタクシーに乗ったエピソードを過去の番組で明かしました。当時、現場にはまだ1台しかタクシーが到着しておらず、2人の自宅方向は真逆。にもかかわらず松本は『一緒に乗ろう』と強引に村上を誘い乗車したそうです。その後、松本は自宅に着くと当たり前のように一銭も払わず降車。おかげで村上は、わざわざ往復して倍のタクシー代を払うことになったと不満を吐露しました」(前出・芸能記者)



松本はジュニア時代から、ファンに欲しい商品をおねだりしていたという話も一部で囁かれている。
それだけに、たとえ交際相手であってもなかなかお金を出したがらないのかもしれない。

”ケチ潤”などと不名誉なあだ名が付けられまくっている彼だが、財布のヒモ同様に、自身の口もかたく閉ざしている状態が続いている。