ファン朗報!ドラマ「逃げ恥」の続編が早くも始動へ

ドラマ「逃げ恥」の続編が早くも始動へ!!

スクリーンショット 2016-10-18 23.46.02


昨年放送されたTBS系の人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に、早くもシリーズ第2弾の話が出ているという。

普段はテレビを見ない20~30代がこの年末年始に録画していた全話を一気に視聴することも多かったそうで、社会現象にまでなったエンディング曲に合わせて出演者が踊る“恋ダンス”は今も大人気だ。
そのため、ますます支持が広がっていると制作者たちは実感しているようだ。

しかし、前途は多難のようで、出演していた歌手で俳優の星野源(35)と女優の新垣結衣(28)が出演できない可能性が高いという。


芸能関係者は、星野の出演についてこう話す。

「2017年中にシリーズ2を始めたいというのがTBSの意向なのですが、ミュージシャンとしても活動している星野源のスケジュールが、なかなかまとめて取れそうにないのです。昨年は逃げ恥以外にも、大河ドラマ『真田丸』(NHK)に出演するなどしており、執筆活動や、ライブ活動よりも、演技に時間が割かれていました。多才なだけに、拘束時間の長いドラマの出演にはもとから前向きではなかったそうです。仲のいいテレビ局関係者が、なんとか口説いてドラマに出演するように依頼していた経緯から、出演交渉は慎重にならざるを得ません」


また、人気女優の新垣ももちろん多忙だ。

「今年の新垣は、夏から映画の撮影がスタートするはずで、星野と一緒に撮影日程が確保できるかどうか…」(同・関係者)


『逃げ恥』は“契約結婚”をしたカップルが家庭生活を会社経営に見立て、共同CEOとして家事や家賃などの支払いをどうするか話し合うというストーリーだ。
ややもすると“愛情”が置いていかれるという現代的展開に、ふたりの契約の形ばかりが先行し、気持ちがすれちがう。
これに視聴者はやきもきしつつ、つい見てしまうのというのがポイントだった。

「2011年に人気になった『マルモのおきて』(フジテレビ系)の再現を狙ったのです。マルモのおきても、ドラマのエンディングに踊りがあり、曲が売れて、新しい家族の形をみんなで議論するというドラマでした。その目論見はしっかりと当たっています。マルモのおきては、子役の芦田愛菜と鈴木福の知名度を一気に上げることに成功しましたが、両者ともこのドラマを超える作品には巡り合えていません。いまでも、どうしてもあのドラマの役のイメージが残ったままです。同じように、星野と新垣にも、この逃げ恥の役の印象が視聴者には強く残るでしょう。他の映画やドラマに出演した際には比較されるわけで、マイナス要因になることもでてくるはずです」(ドラマライター)


ちなみに、もしスケジュール調整がもっともうまくいったとしても、放送は来年の春になることが濃厚だ。
シナリオが順調だったり、うまく出演条件がまとまればもっと早まる可能性はある。

「打ち上げでは、星野が『またこのメンバーでやりたい』とコメントして大きく盛り上がったようです。新垣もこの作品に思い入れがあるようですし、原作漫画はまだドラマに使える部分があります」(同・ライター)



毎週、放送をワクワクしながら待っていたというファンも多いだろう。
恋ダンスにつぐ新たなヒットソングにも期待したい。