マギー&横山健の”ゲス不倫”発覚するも、マスコミが一斉沈黙のワケ

マギー&横山健の”ゲス不倫”、なぜマスコミは沈黙?

3039-1-MC1hMzQyNWM3Yi1zLnBuZw-r-


写真週刊誌『フライデー』(講談社)が1月13日、ハーフタレント・マギー(24)とパンク・ロックバンド・Hi-STANDARDのギター兼ボーカルである横山健(47)の不倫関係を報じた。

だが、昨年話題を集めた同じハーフタレントのベッキー(32)とは裏腹に、所属事務所の“力”でスキャンダルを封殺。
芸能活動を継続する可能性がありそうだという。

一体、なぜだろうか?


ふたりの不倫をスクープした『フライデー』によると、妻子を持つ横山の猛プッシュの末、2016年8月頃から付き合いを始めたとされている。
マギーは、これまでウワサになっていた人気バンド・ORANGE RANGEのボーカルであるYAMATO(33)とはすでに破局済みだという。

横山とマギーは2015年9月11日放送の日本テレビ系『バズリズム』で共演し、マギーに直接「大ファン」だと公言。
番組中では即席のギター講座を開き、マギーの指にタッチするなど浮かれぎみだった。
その後2016年6月24日放送回で、再び共演してセッションするなど熱の入れようは本気。

音楽関係者は、

「お互いにスケジュールが不規則な二人ですし、色々“リズム”が合ったんでしょうね。それにしても横山さんは、近年テレビに出始めた理由がまさか不倫承知の女漁りだったとは。タレント生命に傷をつけたんですからファンとして最悪の行為。こうもゲス不倫が続くとまたミュージシャンのイメージが悪くなっちゃいますね。音楽自体儲からなくなってきたしアーティストは不倫に走るし、業界的には踏んだり蹴ったり」

と語る。

そして、横山以上にマギーには批判が殺到している。

「芸能人生終わったね」
「マギー終了のお知らせ」
「不倫してくれてありがとね! これからあなたが消えていくのが嬉しい!」
「本当消えて、健さんの家族とファンに謝罪して今の仕事全てやめて!」

など、辛辣な言葉のオンパレードとなっている。

マギーは不倫発覚前の1月9日、Twitter上に


と投稿していた。
この時、あと数日で我が身に驚きの報道が降り掛かるとは思ってもみなかったのだろうか。

そんな彼女、不倫以外にも嫌われる要因があり…。

「マギーは元々、バラエティでRIKACO(50)や山本美月(25)に噛みついたときの口の悪さやファンに媚びるような態度が一部で嫌われていた。不倫が発覚してさらに非難の勢いが増している。それにしても、お笑いタレント・バカリズム(41)は『黒い十人の女』(日本テレビ系)という10股男のドラマの脚本を手がけていましたが、まさかリアルな“題材”がすぐそばにいたとは驚きでしょうね」(芸能関係者)


では今後、マギーは実際どうなるのだろうか。
すでに月曜レギュラーとして出演する日本テレビ系『ヒルナンデス!』を中心に、降板するのではとの声も出ている。

「マギーの事務所はバーニング系のレプロです。芸能界で躍進したのは、マギー自身の美貌もさることながら事務所の力も大きいんです。のん(能年玲奈・23)のケースもありますし、今回もあまりテレビやスポーツ紙では取り上げられない可能性は大。しかし視聴者は週刊誌やネットメディアですでに状況を把握済み。マギーと関わる関係者は悩ましい日々が続きそうですね」(前同)



未だに何も語ることのないマギーと横山。
最後、どんな結末となるのだろうか。