木村拓哉 『A LIFE』ドラマ関係者に総額100万円のジャンパー配り、焼肉決起会!!

木村拓哉 ドラマ関係者に総額100万円のジャンパー配り、焼肉決起会

o0960061713838567997


国民的アイドルグループ・SMAP解散では”裏切り者”扱いを受け、解散後、初のドラマ主演をつとめる木村拓哉(44)。

だが、TBS関係者によると、木村はドラマを盛り上げるためにこんな努力をしているようだ。



「木村さんから総勢60~70人のスタッフ全員にプレゼントが配られた。チーム一丸となって盛り上げていこうと、現場の士気はかなり高まったそうです」


今回、木村が主演をつとめることになったTBS系『A LIFE~愛しき人~』は、初回視聴率14.2%と好スタートを切った。
過去に自身が30%超の高視聴率を叩き出してきた、2000年放送の『ビューティフルライフ』や2003年放送の『GOOD LUCK!!』同様、「日曜劇場」枠ということもあり、スタート前から大きな話題を集めていた。

当然、TBS側の力の入れようも凄いようだ。

「キャストには『プライド』(フジテレビ系)以来約13年ぶりの連ドラ共演となる竹内結子に加え、浅野忠信や及川光博、松山ケンイチなど豪華な顔ぶれを揃えた。キムタクが初めて外科医役に挑むとあって、監修は天皇陛下の執刀医で知られる天野篤氏にお願いした」(前出・TBS関係者)


そんな期待のドラマチーム全員に配られたプレゼントについて、番組スタッフの1人が明かす。

「木村さんが自腹で作って下さった紺色のジャンパーです。事前にスタッフの男女別にS・M・Lのサイズを調べ、年末に皆に配ってくれたんです。裏地に取り外し可能なフリース素材のインナーがついていて、トータル100万円くらいかかっているはずです」


そして、ジャンパーの左胸のワッペンに刻まれていた文字に、スタッフたちは心を打たれたという。

「ドラマの舞台となる壇上記念病院を表わす『DANJO MEMORIAL HOSPITAL』に加え、サブタイトルの“愛しき人”をもじって『MY LOVELY CREW』と書かれていたんです。

SMAPのことがあっただけに、“愛しき仲間”というこの言葉からは、木村さんのこのチームへの想いが伝わってきましたね」(同前)


さらに、プレゼントはジャンパーだけではなかったようだ。
クランクイン前には、異例ともいえる“決起集会”を木村が主催している。

「11月下旬、主要キャスト、プロデューサーらを都内の人気焼肉店に集めて顔合わせを兼ねた食事会が行なわれました。木村さんはひとりひとりにこの作品に懸ける思いを語っていましたね。もちろんお支払いは全部木村さん持ちでした。

また現場では及川さんや松山さんだけでなく、ドラマではあまり絡みのない菜々緒さんにも声をかけるなど、“座長”としての気遣いを見せています」(同前)



アイドルではなく、俳優として新たな一歩を踏み出した木村。
このドラマも、彼の代表作となるかどうかが期待される。