松本人志と角田信朗だけじゃない!明石家さんまとあの”元サッカー日本代表”も共演NGだった!?

明石家さんまとあの”元サッカー日本代表”も共演NG?

f354af53d80cb9541a991a55930985b784b78a591470493120


格闘家・角田信朗の突然の告白によって勃発した、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志との共演NG騒動。
一部では角田の売名行為ではないかという指摘も出る中、松本が1月22日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で真相を明かし、事態は収束へと向かっているように見える。

共演NGと聞くと、どうしても芸能人同士のイメージを持ってしまいがちだが、今回のように芸人とアスリートの共演NGのウワサは他にもあるのだ。


さんまと共演NGなアスリートは…

1127_135


「その大物芸人とは明石家さんまです。角田と松本の騒動と同様に古い話なのですが、事件が起きたのは1998年のこと。相手はサッカー元日本代表の秋田豊氏。共演NGを出したのがアスリート側の秋田という点が、松本・角田とは違いますが」(スポーツ紙サッカー担当)


W杯出場を経験した秋田、名良橋晃氏、相馬直樹氏ら鹿島アントラーズの3人が、フジテレビ系「さんまのまんま」に出演。
大舞台での貴重な体験を語ったのだが、この出演がきっかけで秋田はさんまとの共演NGを決めたという。

「秋田は『自分の話が後進のためになれば』とバラエティ出演をOKしました。さんまがサッカー好きを自称していることもあって、突っ込んだことを聞いてくれるのではないかと期待していたそうです。ところが、さんまは3人の話を聞かずに自分がしゃべり続け、しかも秋田のアゴを茶化してばかり。収録中は笑っていた秋田ですが、終わった後はカンカンだったそうです」(前出・スポーツ紙サッカー担当)



秋田の話は他の日本代表選手にも伝わり、密かにさんまNGを掲げる選手も少なくなかったという。

もともとバラエティ番組に出演をOKした理由が理由なだけに、秋田には堪え難い仕打ちだったのかもしれない。