ホラン千秋、報道番組に起用されるも「上から目線の“毒舌本性”」で女性ウケは最悪

ホランちあき
ホラン千秋、「上から目線の“毒舌本性”」で報道番組が心配される

001_size6


タレントのホラン千秋が、TBSの“夕方の顔”になることが決まった。
4月から、報道番組「Nスタ」のキャスターを務めることが決まったのだが、ホランはこれまでにも、日本テレビ系「NEWS ZERO」でキャスター経験があり、英語力や国際感覚にも定評がある人物。

だが、とある芸能ジャーナリストは「キャスティングミスでは?」と不安視する。
それは、ホランの性格に原因があるようで………?



「彼女自身がかつてバラエティ番組で語っているように、外出が嫌いでかなりのインドア派。休日はほとんど家から出ることはない“干物女”だそうです。しかも、相当な人見知りのようなので、取材をする側に不向きではないかと思います。また、一説には“第二の滝川クリステル狙い”と言われているようですが、滝川のような色っぽさはない」


また、報道関係者においては

「夕方は主婦層を狙いたいのに、同性からは嫌われている」

と指摘する。

「ホランは好き嫌いが激しく、嫌いな事象に対しては、かなり毒舌になります。以前トーク番組でフリーアナウンサーの田中みな実と共演した際、美容法を聞かれた田中が『白湯を飲んでいます』と答えると、ホランは『みな実さんの話を聞いていると、笑いをこらえるのが必死』と上から目線発言。この態度に視聴者からは『田中のこと嫌いなんだろうけど、小馬鹿にしている感じが嫌』『ズバッと言うキャラだけど、性格が悪いだけ』などと、反発を食らいました。彼女のこうした一面が主婦層に受けるとは思えませんね」



はじめは好き嫌いを我慢できても、キャスターとして狎れが生じて来た際に、再び本性がむき出しになる可能性は充分にある。
それでも、これを機に彼女が生まれ変わろうと努力をするならば、人気はあとからついてくるはずだ。
ホランちあき