「今まで会った中の人で、一番優しい」とまで言われた中居正広が働きすぎてしまうワケとは?

「今まで会った中の人で、一番優しい」とまで言われる中居正広

Cb_YqW3UMAAG04q


昨年末で解散した国民的アイドルグループ・SMAPの元メンバーで、リーダーをつとめた中居正広(44)を心配する声が各方面から挙がっている。

中居は1月24日放送のテレビ朝日系『中居正広のミになる図書館』の収録を欠席。
理由は気管支炎と肺炎の併発で、1週間ほど入院したようだ。

そして、これが報道されたのは中居の退院後であった。
中居は、その優しすぎる性格から様々なことを隠して頑張りすぎてしまうようだ。


芸能プロの幹部が話す。

「原因は過労です。働きすぎなんですよ。もともと、好きな食べ物は『どん兵衛』で、愛車もボロボロになるまで乗り続けることで有名な中居は、自分のことには執着がない。でも仕事に対しての執着は人一倍あり、昔は入院しても病院を抜け出して撮影に駆けつけるということもあったとか。それをメディアは美談として取り上げますが、まるでブラック企業の労働者ですよ。健康を害してまで働く必要はないのに、献身的で非常にストイックです」


そんな中居はスタッフへ心配をかけないために、手術や病気などの入院を隠して収録に臨むことも多いのだという。
また、彼の性格は共演者たちの心にも沁みているようだ。

「1993年の肺炎での入院、1999年の急性胃腸炎、2006年と2007年の盲腸、2015年には喉の腫瘍を摘出するなど、意外と怪我や病気が多いのが中居です。繊細なので、神経性の病気も多いのです。ベッキー(32)が『今まであった中の人で一番優しい』といったこともあるぐらいです。学生時代はクラスの目立たない子やいじめられている子にも優しかった。亡くなった飯島愛(享年36)も、AV界から転身した際、みなが偏見の目で見る中、彼だけは普通に接してくれて嬉しかったと語っています。細やかな気遣いができるため、入院のことはいつも事後報告なのです」(芸能記者)



充分な売れっ子で多忙すぎる中居だが、使命感や真面目すぎる性格ゆえに働きすぎてしまうのだろう。
過労死が大きく取りざたされている現代において、芸能人も例外ではないことを知らせる出来事だ。