松本人志と明石家さんまの微妙な関係…SMAP解散騒動の余波も「中居は親友」「俺は木村派」

さんま 松本
松本人志と明石家さんまの微妙な関係

hqdefault


芸能人は、過去の因縁や恋愛関係、はたまた事務所のいざこざなどから「共演NG」となる人物が存在する。

最近では、芸能人自らが「共演NG」を語ることも多くなって来たが、あの大物芸人の間でもそれが囁かれている。

それは、明石家さんま(61)とダウンタウンの松本人志(53)だ。


1月16日、格闘家の角田信朗(55)が自身のブログで、〈ダウンタウンの番組に全く呼ばれなくなってしまった〉〈ボクがオファーを断ったことに未だご立腹だ、というのです〉と、松本人志に“共演NG”を突き付けられていると告白し話題を呼んだ。

これに対して松本が、フジテレビ系『ワイドナショー』で詳細を語った。

「吉本(興業)とか、(ドタキャンされた)日本テレビの問題なんで、共演NGとか、そんなちっちゃい話ではない」

とし、最近の話でもなく数年前の話を突然蒸し返されたことにも釈然としていない様子だった。

だが、松本が微妙な関係にあるのは角田だけではない。
事務所の先輩にあたる明石家さんまとも、松本が

「あの人(さんま)はオレとまともに絡んでくれない」

と発言するように、あまり共演がない状態にある。

芸能レポーターはこう話す。

「松本が『芸能界の親友は中居』と中居正広(44)との仲を公言しているのに対し、さんまは『俺は木村派や』というほど木村拓哉(44)との親交が深い。

そのため、木村と、中居を中心とするそれ以外のメンバーに分裂した元SMAPの対立が2人の距離を広げるのではと懸念される」



昨年、業界にも世間にも大衝撃を与えたアイドルグループ・SMAPの解散問題。
この思わぬ余波に、ふたりの溝はますます深まっていく?
さんま 松本