嵐・櫻井翔が紅白の司会になれなかったのは、NHK会長が”毛嫌い”したから?

嵐・櫻井翔が紅白の司会に選ばれなかった理由は…

maxresdefault


先月24日、NHKの籾井勝人氏(73)が任期満了を迎えてNHKの会長を退任した。

何かと“お騒がせ”が続いた籾井氏あったが、最後の最後までとんでもないちゃぶ台返しをしていたと、一部スポーツ紙が報じている。

それは、国民的アイドル・嵐の櫻井翔(35)についてだった。


話は、昨年末の『紅白歌合戦』までさかのぼる。
惜しまれつつも解散した、SMAPのラストステージの舞台を用意すべく尽力したともいわれている籾井氏だが、それが実現出来なかったばかりか、司会人事にも介入していたというのだ。
実は関係者の間で、白組の司会は嵐・相葉雅紀(34)ではなく櫻井で内定していたとの噂がある。

しかし、日本テレビ系『NEWS ZERO』でキャスターを務めるなど、日テレの顔にもなりつつある櫻井を毛嫌いした籾井氏が、“鶴の一声”でそれにNGを出したというのだ。

結果、司会は相葉に変更になり、当初予定していた構成は変更を余儀なくされる事態に。
史上最もグダグダ司会と言われた紅白歌合戦は、こうして籾井氏の仰天人事で生まれていたことになってしまう。
ジャニーズ事務所としては、今後のジャニーズの柱として櫻井の司会業も推し進めていきたいと考えていた矢先に、そんな仰天人事に頭を抱えたと関係者は語る。

「SMAP解散の余波で、中居正広(44)の独立・退社も噂されている今、ジャニーズ内部では、司会で手腕を発揮できる中居の後継者的存在の育成が急務。櫻井はその筆頭候補といえます。紅白という大舞台で、様々な大御所を相手に出来る所を見せ、今後の仕事にも繋げようと目論んでいたジャニーズからすれば、大誤算だったといえるでしょうね。しかし一方で、櫻井にはまだその器がないだために、人柄の良さで相葉が選ばれたという声もありますが」(テレビ局関係者)


実際、中居もあそこまでの地位を確立するまでの間に、ジャニーズに直談判してまで司会の仕事を増やしていたという逸話があるのだ。
だが櫻井には、そのようなハングリー精神がまだまだ足りないということなのだろう。

櫻井に限らず、この嵐メンバーの伸び悩みはジャニーズにとって当面の死活問題だとされている。
現在嵐がレギュラーを務めるバラエティ番組は、軒並み視聴率が一桁という爆死に近い状態。さらにはメンバーが出演するドラマも低視聴率のオンパレードで、嵐の数字のなさが最近では特に顕著に表れている。

特に櫻井は、主演を務めたフジテレビ系の新春ドラマ『君に捧げるエンブレム』が、平均視聴率8.4%と惨敗するなど、役者としても結果を残せていない。
同ドラマでは、車いすバスケットボール選手という役柄に挑むも、全く馴染んでいなかったと指摘される。

「櫻井は慶応卒で、最近ジャニーズに多いインテリタレント勢の一人です。その高学歴からか、ドラマでもイメージに合った役しかはまらず、今回のような障害を持った役や、庶民派の役は、もはや誰も見たがらないようです。元々そのおぼっちゃま気質は、本人の性格にも表れているようで、中居のような向上心が見られないのもそのためではないかと囁かれています」(テレビ局関係者)



最近では恋愛スキャンダルも話題になるなど、良い噂のない嵐。
人気に翳りが出ているわけではないか、何かしらの対策を取らなければ今後も伸び悩むだろう………。