嵐・松本潤と二股報道のセクシー女優・葵つかさの危険な現況とは?「笑顔が怖い」「新規撮影も拒否」

嵐・松本潤と二股報道のセクシー女優・葵つかさの危険な現況

collage-2


国民的アイドルの嵐・松本潤との交際疑惑が報じられ、嵐ファンから膨大な数の誹謗中傷を浴びていたセクシー女優・葵つかさが、突然Twitterアカウントを閉鎖したことが話題になっている。

これまでも中傷により心が折れかかっているとみえる内容はあったものの、最後は「味方になってくれるみんなの為に頑張ります!!」など、前向きなツイートを投稿した直後の閉鎖だけに、ジャニーズ事務所による“圧力”説も浮上している。

昨年末の「週刊文春」(文藝春秋)で、松本との4年に及ぶ親密な関係を報じられた葵。
トップアイドルと人気セクシー女優のスキャンダルということで、世間に大きな衝撃を走らせたこの一件。

だが、各マスコミにとって“アンタッチャブル扱い”となっているという。


週刊誌の記者が語る。

「ジャニーズ事務所の御用達メディアは当然として、葵にしてもトップランクの人気AV女優だけに、男性誌でもこの件について触れることは、今後の葵サイドとの関係性に鑑みた上で、難しい状況となっています。一度『フライデー』(講談社)が、葵がグラビア登場した号の表紙に『松潤の相手』という煽り文句を掲載した際には、葵の事務所から猛クレームを受けて謝罪するハメとなっていました」


しかし、葵のTwitterから批判が止むことはなかった。
この背景について、葵の知人はこう明かす。

「本人は何事もなかったように仕事に勤しんでいますが、マスコミ関係者の間では、『張り付いたような笑顔で怖い』などとささやかれていますよ。実際には精神的にかなり追い込まれ、今にも壊れそうな状態で、新規オファーの撮影も断っているようです。『文春』には、松本と連絡が取れなくなったことなどが詳細につづられていたことから、葵側のタレコミではと言われていますが、それでも恐らく、松本のことを本気で好きだったのでしょう。それなのに突然“ポイ捨て”に近い態度を取られ、かつ嵐ファンからも延々と『お前はただの遊び相手』『松潤の邪魔をするな』などの誹謗中傷ツイートが送られる現状に、耐えられなくなってしまったようです。少なくともジャニーズサイドは、本人との接触は徹底して避け続けるでしょうし、解決の糸口が見えません」



Twitterのアカウントを削除したからといって、葵への攻撃がすぐさま止むわけではないだろう。
沈黙を守り続けている両者だが、未だに収束の目処は立っていない。