年収1億のハリセンボン・近藤春菜、笑い取れずに番組もリストラ?囁かれる”賞味期限切れ”

main
年収1億の近藤春菜、笑い取れずに番組もリストラか?

main


お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が、女芸人としては初めて“ミリオネア”芸人の仲間入りを果たしたという。

春菜はなぜ、こんなにも稼いでいるというのだろうか?



「春菜の手取り年収は間違いなく1億円を超えますよ。手取りということは、税金や所属する吉本興業のマージンを考えると、最低でも3億円以上の売り上げがあったという計算です」

こう話すのはテレビ局関係者だ。

とにかく春菜の出演番組本数はハンパではない。
テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが昨年12月に発表した『2016年タレント番組出演本数ランキング』(でも、衝撃的な飛躍率を見せているのだ。

「前年同様、ランキングの1~3位はTOKIOの国分太一(659本)、バナナマンの設楽統(621本)、ハライチの澤部佑(480本)という3強は変わりませんでした。そのなかでも注目は春菜です。前年はベスト20にも入らなかったのに、今年はいきなりの5位。4位の坂上忍(458本)にわずか1本差です。もちろん女性部門では第1位です。今の売れっ子ぶりを見る限り、今年はベスト3に入ることは確実ですね」(前出と別のテレビ局関係者)


春菜は今年はさらに出演番組本数が増え、ギャラも大幅アップが見込まれているというのだから驚きを隠せない。
春菜がここまで仕事熱心な理由について、放送作家のひとりはこう語る。

「春菜は結婚などいわゆる“女の幸せ”を諦めています。だからある意味、怖いものなしなんです。女を捨てた精神力は、そこらの男性芸人が束になっても適いませんよ」


ところがそんな彼女をめぐり、一部のテレビ業界関係者からは心配の声が上がり始めているのだとか。

「賞味期限切れ説です。露出しすぎると、視聴者に飽きられてしまうのです。春菜はツッコまれないと笑いを取れないタイプ。正直、話芸はイマイチです。そもそもテレビ局側が春菜を使う理由は、『なんとなくおもしろそうだから』というもの。現在出演している『スッキリ!!』(日本テレビ系)でも、自分からはコメントできず、ただの“置物状態”。今年4月のリニューアルでは、早くもリストラが検討されています」(同)



とはいえ、春菜の好感度が高いことも確かだ。
今後は苦手な話芸も克服していけば、さらなる活躍が期待できるだろう。
main