清水富美加、父に借金5000万円か?「幸福の科学」に肩代わりしてもらった可能性も

清水富美加、父に借金5000万円か?

20150330091840


人気女優・清水富美加(22)が、宗教団体「幸福の科学」への出家を発表してから一夜明けた13日、同団体が清水の芸能界引退を否定した。

今後は宗教家として活動していくものの、広報担当者は「救済活動の一環として、人道的な映画には出演する。引退ではない」と説明。

様々な噂や憶測が飛び交うなか、Twitterのアカウントを新しく作り直した清水は、再び意味深な発言をしている。





今回の騒動は、団体側も所属事務所側も会見を行うという異例の事態に発展した。

団体側は12日の会見で、清水がテレビ朝日系「仮面ライダーフォーゼ」に出演していた2011年頃の月給が5万円だったこと。思想信条にそぐわない仕事が増えたことに不満があったとし、退社理由を

「嫌な仕事の典型が水着のDVD。性的対象になるのが嫌で…」

と説明。

一方、これに対し事務所側は

「事前に確認して納得いくまで話し合い、本人の意向でやった」


と主張し、双方の意見は大いに食い違っている。

また、清水富美加の父に数千万円の借金があることも発覚。関係者によると、その額は5000万円ともいわれているという。

清水が「仮面ライダーフォーゼ」に出演していた2011年前後に両親が離婚し、三姉妹の末っ子だった清水は父に育てられてきた。
借金と幸福の科学への出家との因果関係は現在不明だが、借金を同団体に肩代わりしてもらった可能性があると推測する関係者もいる。サンケイスポーツの取材に同団体は、

「個人のお話ですので、お答えできる立場ではございません」


とコメントしている。