清水富美加 直近年収は1000万超の可能性「月給5万円」糾弾もブレイク後は急騰

清水富美加 直近年収は1000万超の可能性

f2cb303a83963a54cea224736802ff9d


宗教団体「幸福の科学」に出家し、宗教家として「千眼美子」の法名で活動することを表明した女優・清水富美加(22)。
所属事務所との給与に関するトラブルを打ち明けた彼女だが、直近の年収は1000万円を超える可能性があることが14日、分かった。


2011年放送のテレビ朝日系「仮面ライダーフォーゼ」出演時の給料が月5万円だったことが注目を集めている清水。
だが、近年の彼女は高収入だったという。

一方で、父親が昨年11月に自己破産していたことも判明した。
清水が出演したことで“お蔵入り”の危機を迎えた映画の存在も、新たに明らかになった。

「奴隷契約」と所属事務所の給与体系を痛烈に批判した売れっ子女優の直近の給料は、22歳の女性としてはとても高額である。
関係者の話を総合すると、清水の所属事務所は年契約で、前年の働きに応じて次の1年分の月収を見直すプロ野球のようなシステムを取っている。
その1年間は、大きな仕事を成功させても翌月から急に給与が上がることはない。高額なギャラが入った場合は、ボーナスの形で補填されるとのこと。

これは若い頃から金銭感覚を狂わせることのないよう、新人時代は給料が低く設定されているケースもある。その代わりに食事付きの寮などでバックアップする方針であり、ある芸能関係者は

「清水さんの所属事務所だけ特別に給与体系が低いということはない」

と語る。

5月20日に契約の更新日が設定されている直近の清水の給料には、ブレイクを果たした2015年以降の実績が反映されていると見られる。
NHK連続テレビ小説「まれ」への出演で知名度が急上昇した1年で、バラエティー番組やCMなどでもマルチに活躍してきた彼女。
所属事務所は給料について「個人情報は明かせない」としたが、その年収は1000万円を超えている可能性が高いとされる。

清水側はデビュー3年目となる「仮面ライダーフォーゼ」撮影時について、「1カ月、休みなく働いても給料5万円だった」と訴えている。
対して所属事務所側は、

「仕事量や内容に見合う報酬を払ってきた」


と反論。

ネットでは、「下積みはそんなもの」「我慢できなかったのか」「その嫌な仕事を事務所が取ってきたからブレイクにつながったのでは?」と様々な意見が出ている。

また、一部報道では父親の借金がおよそ5000万円あるのではないか、とされるものもあるが、その返済のことを思うと、清水からすれば給料はどんなにあっても足りないものだったのかもしれない。