木村拓哉が陥った”工藤静香・依存症”の深刻度とは?

1434631672-0214-002-1024x576
木村拓哉が陥った”工藤静香・依存症”

1434631672-0214-002-1024x576


2月7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)に、“幻のSMAPメンバー”とされている男性のインタビューが掲載された。
男性はかつてジャニーズ事務所に所属しており、SMAPのメンバーらとレッスンを共に受けていたという。
そしてSMAP結成前、ジャニー喜多川社長(85)に自身の後輩である森且行(42)を推薦した人物だとのこと。

インタビューではSMAPのメンバーについての印象も語っており、特に男性は、木村拓哉(44)について「女の子がいないと生きていけない性格」と評している。
そしれ、「木村にとって女性は精神安定剤的な役割を果たしている」とコメントしているが、その裏側にあるものとは何なのだろうか。


SMAPメンバーの中では唯一の既婚者である木村。
男性の発言と合わせると、それは妻で歌手の工藤静香(46)の存在を露にするものではないか。

とくに解散問題後、木村がジャニーズ残留を決めた裏側には、妻である工藤の強い説得があったというのは有名な話だ。
こうしたことからも、木村の依存体質は性分とも言えそうだが………。

「木村にとって“姉さん女房”である工藤は、かなり精神的支柱になっているようです。木村の異性関係の噂が浮上し、一時は不仲説が浮上していましたが、それも木村のこうした性格ゆえでしょう。最終的なよりどころとして工藤がいて、工藤もそれを良しとしていることで関係性が保たれているようです」(芸能記者)


解散騒動があってから、世間での木村は「裏切り者」というイメージがすっかり定着してしまった。
だが、ファンでなくとも、「嫌いなのは木村ではなく静香」との声は圧倒的に多い。
妻として夫を支えなければとの気持ちはもちろんあるのだろうが、工藤は何かにつけバッシングを浴びるようになった。

例えば、今年に入ってから工藤はインスタグラムを開設したのだが、夕食や愛犬の写真を掲載するなど、プライベートな話題にも触れるようになった。
だが、2003年に誕生した次女が誕生日を迎え、ファンからの祝福のメッセージが寄せられた際のこと。
工藤は自身の有料制のメールマガジンでお礼の言葉を述べる一方で、「娘を実名ではなく『娘さん』という呼び方にしてほしい」と希望した。
この突然のお願いに、一部では不満の声があがっているようだ。

「出産時に工藤と木村は、次女の名前を公表しています。工藤としては娘も大きくなったことや、プライバシーの観点からの注意喚起だったのかもしれません。しかし一部ファンからは“いまさらどうして”“過剰すぎるのでは?”という声も一部からは挙がっているようです」(前出・芸能記者)


このようにプライベートな部分に踏み込まれるのを嫌うわりには、過剰ともとれるプライベートアピールを行なっている一面もある。

「インスタグラムの投稿も、主婦の知恵を披露することで好感を得ようとしているという批判的な声があります。こうした見え透いたイメージアップ戦略が、夫にも影響してしまうのではないかと、木村のファンからも懸念されているようです。今後は今以上に夫婦アピールを見せつけることも増えてくるかもしれません」(前同)



夫のイメージアップははかりたいが、プライベートには踏み込まれたくない。
なかなか難しい話ではあるが、まだまだ木村夫妻のイメージが回復するには時間がかかりそうだ。
1434631672-0214-002-1024x576