清水富美加の出家騒動で危ぶまれる先輩・新垣結衣のメンタル 芸能界は「いつ辞めてもいい」と周囲に漏らす?

20120827_24jikantv_04
清水富美加の出家騒動で危ぶまれる、新垣結衣のメンタル

20120827_24jikantv_04


宗教法人「幸福の科学」に出家するとして、突然の芸能界引退表明をした女優の清水富美加。
その余波による影響で、メンタルが危険視されている女優がいるという。

それは、昨年放送され、社会現象とまで言われるほど話題になった「恋ダンス」を生み出したTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で主演をつとめた新垣結衣だ。


新垣は清水が所属する事務所の先輩でもあり、事務所の稼ぎ頭と言われている。
なぜ、新垣のメンタルが心配されているのだろうか?

「新垣はもともとメンタルが強いタイプではありません。以前から芸能界に対して『いつ辞めてもいい』と周囲に漏らしていたとの報道もあります。“のん”こと能年玲奈、そして清水と後輩2人の相次ぐ騒動に平常心を保っていられるとは考えにくい。女優としての確固たる存在感を示した新垣ですが、今後の出演作はすべて『逃げ恥』と比較されることは必至です。新垣と瑛太主演の今秋公開予定映画『ミックス。』は、すでに『逃げ恥を超えられるか』と注目されています。このプレッシャーだけでも新垣にとっては重い十字架。そんな状況下で清水の穴埋めにフル稼働させられるようなことになれば、メンタルに不調をきたしてもおかしくありません」(芸能記者)



新垣は自分の性格について、「暗い」「ネガティブ」と公言している。
どうか新垣までが引退に追い込まれることのないように、気をしっかり持ってもらいたい。
20120827_24jikantv_04