清水富美加が出家前に見せていた危うい言動・行動とは?「鼻をかむのも迷う子だった」

ふみか
清水富美加が出家前に見せていた危うい言動・行動

010_size6


2008年にデビューして以来、着々と女優としてのキャリアを重ねてきた清水富美加(22)。
突然の宗教団体「幸福の科学」への出家騒動には、ファンのみならず業界全体が動揺を隠せない状況であり、現在抱えている仕事をすべて投げ出してしまったことから清水への風当たりは強くなっている。

だが、彼女は随分長い間、ひとりで悩んでいたとも報じられている。
出家前には、危うい言動や行動もあったのだとか。



「教団が開いた会見によると、清水は所属事務所のレプロエンタテインメントへの不信感を募らせ、ついにはドクターストップがかかるほどの体調不良に。事務所との契約は5月まで残っていますが、教団は2月中の解除を通告。事務所サイドは仕事内容も給与面についても、本人と納得いくまで話し合ったと、清水の主張を否定しています。事務所との契約問題ばかりか、大手企業のCMに出演中で、本人の出演作を含めた3本の映画が公開を控えた状況ともあり、騒動は泥沼化しています」(スポーツ紙記者)


仕事をすべてやり終えたあとならともかく、制作側も何も聞かされていなかったという今回の騒動。
彼女は司会を務めるはずだった音楽イベントの降板が決まり、ドラマも代役を探しているものまである。

そして、気になるのはやはり宗教のことであるが、清水はもともと信者である両親の影響で子どものころから入信していたとされる。
先月受けた大川隆法総裁(60)の守護霊インタビューがきっかけとなり、出家を決意したという。
この事実は清水のマネージャーすら知らなかったそうだが、“素”はどんな性格だったのだろうか。

芸能プロの関係者はこう話す。

「テレビでの印象は明るくおしゃべりですが、実際には悩みがあってもほとんど人に話さないタイプ。それでいて些細なことでも悩みやすく、心の中でつねに自問自答していると話していました。たとえば鼻をかみたいと思っても、目の前にティッシュが2種類あったらどちらを使おうと迷うとか。仕事中の自分は“あがっている状態”で、だから言葉や動きが多くなってしまうとも」


清水はダイエットなどもスタートさせると、必ず目標体重に到達するまでやり抜く、ストイックな性格だという。
仕事で精神的に擦り切れていったという見方が強いが、前出の芸能プロ関係者は「別の理由もあるのでは」と続ける。

「ちょうど1年くらい前に、清水さんはひとり暮らしを始めたんです。はじめこそ、ひとり暮らしは楽しいと話していましたが、しばらくすると寂しいと漏らすようになっていました。それも精神的なバランスをくずした原因かもしれません」


すでに団体から、「千眼美子(せんげんよしこ)」という法名を与えられ、その名で新しいTwitterを開設するなど宗教家としての活動に前向きだと見て取れる。

昨年、同事務所からの独立問題で注目を集めた能年玲奈(※現在の芸名は「のん」に改名して活動/23)に続いての騒動だけに、稼ぎ頭の女優を立て続けに失う形となった事務所にとっては、早急に穴を埋めたいところだろう。
その存在として、大スキャンダルを起こしたあのタレントの名が出ているという。

「この先、事務所の稼ぎ頭となるのはマギー(24)でしょうね。というのも彼女自身、事務所に借りがあるからです。マギーは先月、妻帯者であるミュージシャンの横山健(47)との不倫疑惑を写真週刊誌『フライデー』(講談社)に報じられました。“ハーフタレントでミュージシャンと不倫”という組み合わせがベッキー(32)と同じなだけに、事務所は必死に火消しに走りました。ツーショットは撮られていなかったので、“横山はギターを教えにマギーの自宅に来ているだけ。彼女は今、母親と一緒に住んでいるから、その状況下で肉体関係なんか結べるわけない”と。かなり無理のある言い訳でしたが(笑)、結果として彼女はなにひとつ仕事を失っていませんからね」(スポーツ紙記者)



マギーのSNSには、膨大な量の誹謗中傷が書き込まれる毎日が続いている。
レギュラーを務める番組の降板を要求するコメントも多くあり、いくら事務所が押したくても、視聴者から「観たくない!」とバッシングされるのではないだろうか…。

ふみか